« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

今日は撮影

今日は撮影
今日はクインテット・シルクの宣材写真撮影。
色々なショットを撮っていただきました。
リニューアルのホームページはかなり見物ですよ!また出来上がったら報告します。


撮影後はメンバーの塩安さんの自宅でキムチ鍋大会。みんなで食べる鍋は格別でした!
キムチ鍋にちょっとゴマだれ入れると、超うまい。是非皆様もやってみて下さい!うまい!

食べ過ぎたので、駅からタクシーはやめて、歩いて帰ることにしました。約40分。
良い運動になりました!
それにしてもこんなにおいしい鍋は初めてでした。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

音色には大きく分けて「芯」と「響き」が含まれている。

最近、その「芯」を意識している。
「豊かな響き」という言葉に魅力を感じるが、そこには図太い「芯」が存在すると思う。

昨日の呼吸についてもだが、音色に関して響きばかりを追求しすぎて、また肝心な物を忘れていた。

まぁ、この繰り返しで色々な発見をしていくのだが、少々悲しい。…というより情けない。


まっ、気づいただけいっか!

さて、この「芯」とやらをどのように付けていくか。
まずは音をよく聞く。聞きまくる。どれが芯でどれが響きかが何となくでも聞き分けられないと進まない。
とにかく「聞く」って事は音楽家にとってかなり重要だ。


その音色の「芯」をとらえたら音にしっかりとした「音程」が生まれる。

音程悪いと悩む時って、音程気にしない時より悪い気がする。

ビビっちゃって、へろへろの息になってしまい、芯がなくなって「音程が悪い」というより、「音程がない」という言葉のが正しい気がする。
もちろんそんな音でもチューナーは音程をひろってくれるが、それで真ん中ぴったりでもダメだ。


僕自身そういう時がずっとあって、いくら頑張っても音程合わないみたいな。ノイローゼになる。発狂寸前でいつもタバコ。それが学生の頃のスタイルだった。


一番手っとり早い打開策は
「良い音でやってみよう!」という事。そりゃもう漠然と。
もちろんこれは解決策ではなく自身のリセットだ。意外とこれが一番音程が良い。

そこから耳を鍛えないと何とも同じ事の繰り返しにすぎないのですが(涙)。

悪い方向に進みそうになった時は、がむしゃらではなく、まず戻る。これが樹海にさまよわない僕のやり方。


今日は「芯」を作る練習をレッスンしながらやってみた。


むずいな。まだ言葉にゃできない。

この「芯」をコントロールする事が出来たら無敵だ!
サクソフォーンのラージアンサンブルなんかやる時は割と芯がない方が良い響きがしたりする。
そんな中でも重要なソロの時はその「芯」をしっかりと作ることで音量でではなく、くっきりと浮いてくる。

音色のコントロールは考えれば考える程、本当におもしろい!
もちろん「感情」と連結している物としてコントロールしたいと常に思う。
課題は沢山あるけど、いつもマイブームをもって演奏していきたいと思う。


それにしてもむずい。。

| | コメント (0)

目的

管楽器を吹く上で必ず必要とされる「呼吸」。ピアノだってヴァイオリンだって、呼吸をしながら演奏して、音楽が生き生きとしてくる。

管楽器は息で音を発生させる。そのために腹式呼吸が使われる場合が多い。ほとんどのプレイヤーが腹式呼吸であろう。

僕もその一人である。

でも、腹式呼吸って一体どーやってやるの?「お腹の支え」って言葉は知ってるけど、どーやるの?

…と曖昧な感じで思っていた学生の頃から、生徒を教えるようになり、本格的に考えるようになった。
もちろん、やり方なんてわかる。
でもどう伝えるかが問題だ。

これはこういう事なんだ!と理解し、実感する事が大切だと思う。

僕みたいに言葉だけが先行すると、富士樹海に迷い込む。


今僕も教えるようになって、自分も教わっているようなものだなぁとつくづく思う。
学生の頃からの悩みは、徐々に整理され、また新しい悩みが出てくるが、良い具合に立ち向かえる。


…あ、話がずれてきた。

腹式呼吸。
お腹に息を溜めるなんて事はできない。
肺が100%空気で満たされたら横隔膜が引っ張られ、内蔵が下がりおそらくお腹は出るだろう。

お腹を出す事を目的にしたら、違う方向に進むか、停滞するだろう。
肺を酸素で満たす事が大事。

吸うことは無意識で出来るが、吐く事は意識しないと難しい人と、またその逆のパターンの人がほとんどらしい。大学時代なんか、そんな授業があったな…。

僕は前者で、吸うのは無意識で出来るが吐くのは意識しないとうまくいかない。

要は、「お腹の支え」である。

腹筋の緊張とでもいうのか、その表現は先生によって様々だろうなぁ。
一般的に「お腹の支え」という表現を多く聞くし、また僕もそれを使う。

おいおい!みんなよってたかって「腹支えろ!」っつーけど、んだよそれ。とりあえず、腹筋に力いれとっか。

この腹筋に力を入れるという考えは、あっているのだが、語弊を招く。


「100%息吸って止めた時の身体の状態を保ちながら息を吐く」

これ良くないですか。
支えてませんか?

何を?

「息」をです。

そう!目的は腹筋じゃなくて「一定の息を出す」事。

「お腹の支え」の意味合いとは

「一定の息を出すために吸ったときの状態を腹筋で保ちながら息を吐く」

とたどり着くのです。

ありませんか?
目的を忘れて、その過程がいつの間にか目的に変わっている事。


僕は周りが見えなくなるくらい一途になってしまうので、こう思ったら一直線に行動して、いつの間にか目的を忘れてしまう事があるのです。

よーく考えて整理すると見えてくる、クリアにしてまた考えると答えが見えてきたり。するかも。しないかも。

| | コメント (4)

2008年2月20日 (水)

猫枕で猫が寝る

猫枕で猫が寝る
こいつらはとても癒し系。毎回良い表情でカメラに写ってくれます。


さて今日は亡き父のギター演奏が入っている録音を聞いた。父の友人が発見し、CDに焼いてくれたのだ。

そこには父の声も入っていた。

「あー、お父さんだ。」

まさにそういう感じ。

人間の記憶は、声、顔、思い出の順で消えていくようです。
声を聞くだけで、一気に記憶が生々しく甦りました。

何で死んじゃったんだろう。これが運命か?嫌なもんだなぁ。

ビデオや録音、写真などは、すごい記憶を残してくれる物だなとつくづく実感。僕はこれから自分が生きていく上で、沢山の思い出作りをしていきたいと思いました。

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

サックス大宴会

サックス大宴会
おそらく今夜は首都圏のサクソフォニストの半分以上はここにいたにちがいない。

そう感じるくらいの大人数。ジャズもクラシックもセルマーもヤマハもヤナギサワもクランポンも何の隔たりもない、サックスだからここにいるみたいな。

素敵な集いでした。


みんなでカニをむさぼり、酒を飲み、笑い合い、語り合い…とにかく楽しい会でした。企画して下さったヤマハアトリエの増田さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

ヤンキー猫

ヤンキー猫
もしも「悪猫選手権」なるものがあったとするならば、ノミネートされる確率が高いのではないでしょうか。
何とも悪い面です。


さて昨日まで長野でレッスンでしたが、土曜日の朝から風邪気味な感じで、本日日曜日はせっかくのオフなのに寝てます。
悔しい。


小学生の頃、ちょっとした風邪で学校を休んで、午前中のNHKの教育番組を優雅に観て、ふとその日の給食がカレーやクレープだったことに後悔し、さらに短縮授業で、2時過ぎには続々とみんなが下校してきて、本当はそんなに具合悪くないから、遊べるのに、一応風邪という名目で欠席してるから、遊ぶわけにはいかない。そんな日を思い出してみたり。


来週からの移動やレッスン、練習を考えると、ここはおとなしく寝るべきだ。そう言い聞かせ寝ます。
明日は完全復活でいますように。

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

体育館

体育館
連続投稿もこれでおしまい。最後は寒い体育館でのリハーサル風景。
ストーブ、ジェットヒーターを6台出して頂きました!しかし楽器は冷たいー。


でも子供たちの笑顔に助けられ、暖かい雰囲気のコンサートになったので、やはりお客様あっての音楽会だなとつくづく思います。

さてコンサート終了後、今から長野でレッスン。きついー。
頑張ってきます。

| | コメント (0)

学校目標

学校目標
「正しくゆかしくたくましく」
卒業生のみなさん覚えていますか?

| | コメント (0)

中庭

中庭
懐かしい。中庭ロータリーです。なぜか郵便ポストがあります。

いやぁ懐かしい。

| | コメント (0)

我が母校

我が母校
今日は我が母校、小諸市立坂の上小学校で特別演奏会をクワチュールBのみんなで演奏させて頂きました。

校内は全てが小さく見えましたが、色々な記憶がよみがえってきました。水泳、合唱、バスケット、友達、先生…色々な事が思い出されました。

何せ卒業以来ですからね。約15年ぶり。

子供たちはみんな素直に聞いてくれ、こちらも楽しく演奏できました。…しかし寒かった。
こんな寒い中で演奏した事ないってくらいの気温で指がかじかんでなかなか動かず大変でした(汗)
楽器も冷え冷えで、音程も低低。大変だったー。鍛えられます。。

今日のプログラムは、
●カルメンファンタジー
●チャイニーズラグ
●G線上のアリア
●ラプソディーインブルー
●気球に乗ってどこまでも
●ジブリメドレー
●校歌

アンコール
●アメリカンパトロール

小学校でコンサートをする時、必ず生徒のみなさんと歌をうたいますが、子供たちの歌声はやはり天使の声。こちらが癒されます。母校で演奏出来たのは、本当に嬉しい事です。

| | コメント (1)

2008年2月11日 (月)

シエナ沼津公演終了

無事終えました。

吹奏楽って素晴らしい!音楽って素晴らしい!!
シエナに乗るといつもそう感じます。だから

シエナって素晴らしい!って事になりますね!

今日はテナーを真ん中に構えて演奏してみました。ベルが自分に近づいて、音が聴きやすい!バランスとりやすい!アンサンブルもしやすい!
これに気づいたのがゲネプロの時。
本番もとっても集中して演奏できました。

やはりどんな方法でも聴く事がアンサンブルをするときには必須です。ちょっと発見出来てラッキーでした。


あー楽しかった!
また皆さんと演奏出来る日がくると良いなぁ!


ちなみに今回のマエストロ金聖響さんは、あの「のだめカンタービレ」の千秋先輩のモデルなんですって!

| | コメント (1)

2008年2月10日 (日)

明日は本番…の前に

明日は本番…の前に
今日は沼津入り。
しっかりリハーハルをやった後は、飲み会♪
シエナの皆さんと楽しいひとときを過ごせてうれしかったー。
指揮の聖響さんがインペクの大津さんの肩を揉んでいるレアな1ショット!

本番がある度、本当に良い作品に出会います。短いリハーサルの中でいきなり感動したりして、すごく貴重な体験をさせて頂いています。また、そこで一緒に演奏させて頂くメンバーの皆さんとの出会いも、すごく奇跡的で、これはすごいことだと思っています。
見ず知らずの人たちが音楽を通じて仲良くなって、そしてその場でベストをつくして良い舞台を創っていくと思うと、なんとも感動してしまいます。
今回の仕事で好きになった作品たちを、明日演奏出来る事に喜びを感じて、しっかり味わいながら演奏してきます。

頑張るぞー!

| | コメント (2)

2008年2月 8日 (金)

体力づくり

さて今日は朝からシエナリハ。
12:00からでしたが、今日は2時間前に到着し、ゆっくりロングトーン。そしてリード選び。

テナーのリードは不思議と急に振動しなくなるから怖い。僕だけかな?

昨日楽器も調整して頂いたので(つづらさんへ→急に行ってすみませんっ)、とても吹きやすくなり、昨日よりは数倍楽になりました。
皆さん、楽器調整はこまめに行きましょう(汗)

最近、あまり疲れないパワー全開の小山氏ですが、今日もリハから帰ってきて、ちょっと昼寝をしたあと(あれ?ちょっと疲れてる?)、ジムで走ってきました。体力づくりはとても大切な事です。


今の生活はレッスンやったり、リハーサルやったり、練習したりという生活なのですが、割といつも頭がすっきりしています。すごい良い!

なーんて今だけかな。今後に期待!!


明日から沼津です。
楽しいコンサートになるよう、たっぷり味わってきます。

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

あたらしるく

Pict0622_2 
サクソフォーン五重奏団クインテットシルクがリニューアル。
メンバーそれぞれのブログにて告知されている通り、津田君が残念ながら夢を追い求め脱退しました。
それが昨年の夏でした。それからみんなで話し合いを重ね、解散せずに新しいメンバーを入れて新生シルクを創ろうじゃないか!と言う事になり、半年以上をかけて悩みに悩んでついに國末くんに決まったわけです。

写真は歓迎会の様子。また皆様にサクソフォーン五重奏の豊かな響きを聴いていただけるよう、頑張って参ります。よろしくお願い致します。

さて一方今日は朝からBカルのリハ。なかなか最近は休憩なしでかっ飛ばします。
お昼で切り上げ、猛ダッシュでシエナのリハに和光市まで行って参りました。
実は吹奏楽経験がほとんどない僕にとっては、毎回素敵な曲に出会える素晴らしい機会で、本当に楽しみにしています。

ブラスっ子ならよーく知っているアルフレッド・リードの作品だとか、今年の吹奏楽コンクールの課題曲、オーケストラのアレンジ物など、盛り沢山!
今回は僕にとって全部お初なので大変(汗)ですが、本番はしっかり味わいたいので、帰って練習。

今日も沢山吹きました。明日も頭フル回転頑張ろう。

しかしテナーサックスはなかなか慣れない。他の楽器とのバランスの取り方や、音色の方向性がとらえづらい。まぁ普段吹いていないからだろうな。
マウスピースとかも研究してみないとなぁ…といっても明後日はもう沼津へ移動か…。

ベストをつくそう。

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

厚雪化粧

厚雪化粧
東京で雪化粧を見てなんだかワクワクするのはなぜでしょう。
長野は厚雪化粧とでもいいましょうか、真っ白です。10センチ以上は積もってます。
小さい頃は迷わず雪と戯れましたが、今はおとなしい大人に徹しています。
昨日は雪かきをせっせとこなしましたが、今朝は氷が張っていて、歩くのも危険!
小さい頃から雪道は鍛えてきたので、ここで皆さんにも滑らず歩く方法を。

もも辺りに力を入れ、足を垂直にあげ、地面と摩擦がおきないように歩きます。
想像しただけで変な歩き方になりますね。
しかしそれを素っ気ない顔をして普通に歩くのがミソです。

レッツトライ!

明日は今年最後の校内演奏会。小山クラスからは2人出演します。頑張って良い経験になると良いです。

頑張れ!


一方、今週はまたまたシエナウィーク!沼津行ってきます〜。
今回はテノールです。久々のテナー燃えそうです!譜読みしなくては。

| | コメント (3)

2008年2月 3日 (日)

夜道

夜道
ヒオキレッスン3days終了。レッスンの合間に自分の練習したりして、結局今日は9時間吹きっぱなしだった気がします。

しかし最近の僕は疲れません。

何なんでしょう、このパワー。良い傾向だ。

今日の小諸は雪が降っています。普段の夜は真っ暗ですが、雪があると白夜です。ブレブレですが、写真撮れちゃいました。しかし人がいませんね。当然です。深夜0時過ぎですからね。
お疲れ様です。


地元は季節を感じ、またその感情から色々な思い出がよみがえります。


そういえば、2月14日に母校の小学校でクワチュールBで演奏することになりました。約15年ぶりに来校しますが、全てが小さく見える気がするなぁ。とても楽しみです。

校歌も演奏しちゃいますよ。覚えているものですね。
「あおげーば浅間ー八ヶ岳〜♪」
そこの同級生の君!懐かしくて涙でちゃった?
同級生のみんな、写真撮ってきますんで、お楽しみに!


Bカルサウンドで子供たちに夢を与えれるようなコンサートになれば良いな。
精一杯演奏してきます!

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »