« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

フリード

フリード
納車されました〜。
ホンダフリードです!

今日はシルクとBカルの合わせだったので、ソプラノ、アルト、バリトンを運搬。こういう日があるので、車が必要なのです。

今日は銀座行って、小竹向原。あぁ楽チン。

まーくんとフリード。
横の石像が「ここどこ?」って感じですが、記念写真。

う〜ん良い色です。

| | コメント (2)

2009年4月29日 (水)

またひとつ

またひとつ時代が終わりました。
祖父が亡くなりました。93歳、大往生でした。

近年、家族が減っていき本当に悲しくて寂しい。


時代を築き上げた先人はすごい。それをみながら僕たちは育ったのだから。

実は祖父は尺八と三味線奏者でもありました。三味線の要素を亡き父がギターで受け継ぎ、尺八の要素を僕がサックスで受け継いだのかな。


生まれたからには、みな死んでいくのだけども、残されたものはやはり嫌なものです。しかしそれをみな背負って生きていくのですね。そうやって大人は大人になっていったのだと思います。


そんな悲しい出来事直前に甥っ子が産まれて、またこれが世の常なのかと、喜びと悲しみを味わったのでした。

気付けば自分たちの世代の時代が来てるのではないかと思いました。ボーッと生きないようにしたい。

| | コメント (1)

2009年4月25日 (土)

ニューアイテム

ニューアイテム
昨日、ドルチェ楽器に伺いマウスピースを選定してきました。

気になっていたのは、バンドレンの「AL4」。
僕は開きが広くて柔らかいリードをつけるのが好きなのです。


バンドレンA28から移行する人はどうやらAL4に行き、セルマー170やC☆からはAL3が合っているようです。そんな傾向があるようですね。

AL4は数が少ないにも関わらず、全て吹けました。僕にはぴったり。バランスがとりやすいマウスピースでした。
また最近発売したバンドレンのV12と相性が良かったので今後重宝しそうです。


一緒に選定に行ったシルク仲間の塩安さんのソプラニーノを借りて写真。ソプラノに見えますが、ニーノです。
これサックス?ってくらい違う楽器を操る感覚。激ムズです。塩安さんはすごい。尊敬。これから拝むようにします。


さて今日は浜松へ日帰り本番です。アクトシティ満席のようです。
楽しい本番になるよう、頑張ります!

| | コメント (2)

2009年4月22日 (水)

音色

この題名でブログを書くのは何回目でしょう。


人は高望みです。
しかしそれが良い。


まずは色々なものを知る事から始まります。無知は強いが弱い。

自分の中で「良いな!」と感銘を受けたものに近付けて行くものだと思います。いや、勝手に近づきます。

だからイメージトレーニングや、理想をしっかり持っていなければ不明確になるんだと思うのです。

で、その理想は何かのきっかけでコロコロ変わっていきます。


はい。今それ。


だからまた色々なものを試しに行ってきます!
今のセッティングはこれはこれでOK。今の到達点です。


「色彩感の豊かな音色」

これは良く師匠に言われてきた言葉ですが、明るいのもあれば暗いのもある。むしろ明るさがなければ暗さは感じられない。

正反対のキャラクターを自在に出せるキャパが必要なのだなと最近感じるわけです。

様々な感情、言ってしまえば一人何役もこなす役者になりたいのです。


経験が必要です。一つ一つをしっかり感じていけば、その一つ一つが経験になっていくはずなので、暖かいこの小春日和、浮かれぽんちにならないように日々過ごして行きたいと思います。

今日は今から久々のシルクリハーサル。ソプラノが本当に久しぶり。半年以上?楽しみです。

| | コメント (2)

2009年4月19日 (日)

ホームコンサート

ホームコンサート
今日は高校時代の恩師の池内先生宅でホームコンサートでした。
年に一回開かれるこのコンサートに呼んで頂きました。すっごい嬉しい事です。
高校から始めたサックス、初舞台(高3)でピアノを弾いて頂いたのが、池内先生。約10年ぶりの共演に、とても感慨深いものがありました


自分が高校生の頃を思い出し、初心に戻りつつ、しかし月日がたったなぁと実感。

温かいコンサートを体感し、また自分が歳をとったのも実感し、本当に時間が経ったのだなと思いました。


先生の想いを感じるコンサート、サイコーでした。

やはり音楽は心です。


そう感じた日でした。

終演後のビール、たっぷり頂きました。

ん〜、やっぱりサイコー!

| | コメント (2)

2009年4月18日 (土)

季節外れ?

季節外れ?

今日レッスンの合間に休憩してたら、
 
 
 
ドン!
 
 
 
 
と大砲のような音が。
 
 
 
 
たまや。
かぎや。
 
 
 
疲れがスーッと取れた気分。明日はコンサートです。

| | コメント (1)

2009年4月13日 (月)

久々の小諸

今日は新学期第一回目のレッスンでした。一年生の頃からレッスンしてきた生徒たちも、もう三年生。時間が経つのは早い。本格的に受験生です。理想を高く持って、自分に厳しく、恐れず我が道を進んでほしいと思います。


学校の桜はまだ咲かず。東京で満開の桜の下、真っ昼間に花見をした先日の出来事もあり、時間の流れがおかしく感じる今日このごろ。

リサイタルが終わってまだ一週間か。今週土曜もソロコンサートが待っています。高校時代の恩師のホームコンサート。シークレットライブとでも言いましょうか(笑)
僕の初舞台にピアノを弾いて下さった先生。


場所は先生のお宅。時間は昼から。


と、全くわからぬ詳細を紹介しておきましょう(笑)


マウスピースを選びたいこのごろ。早く納車してほしいこのごろ。

春はあけぼの。

| | コメント (5)

2009年4月 9日 (木)

新年度開始

新年度開始
先日のコンサートの感想など、沢山のメールを頂き、また新たに頑張っていこうと思いました。ありがとうございました!

色々重なりながらのコンサートも終わり、脱け殻の日々を送りました。
久しぶりに何も考えずに花見もしました。場所は駒沢公園。
昼間からのビールは最高の休み時間でした。しかも午前中はみっちりリハーサルをしていたので、充実感でいっぱい、心底リラックスしました。
最近、國末くんがタイムリーでブログを更新しているので、詳しくはそちらへGO!
→http://saxkunisue.blog17.fc2.com/


だいぶ充電したので、次のコンサートに向けてまた頑張ろうと思います。積み重ねが大切。経験に勝るものはなし。


これから今年度初仕事。長野へ移動です。

しかし急に春。
ていうか暑いです。

今年度も元気に突っ走りましょう!

| | コメント (4)

2009年4月 6日 (月)

サロンコンサート終了

大勢のお客様にご来場頂き、サロンコンサートが無事終了しました。

皆様本当にありがとうございました。

今のマイブームを聴いて頂けた事は僕にとってとても意味のある本番になりました。これからずっと付き合いたい音楽を見つけていきたくて、様々な音楽に取り組んでいます。

今回はとにかく分かりやすい楽しさで、コンサートを笑って楽しんで頂きたかった。リラックスのコンサート。


打ち上げでは、また多くの友人が来てくれて、貴重な意見を聞かせてくれました。反省点は沢山ありました。しかし、こういうプログラムをあーいう場所でトライしたからこそ生まれた反省は、かなり新鮮で、次につなげる為にはとても良かったです。


今は脱け殻。


しばらく休んで、またゆっくり考えていこうと思ってます。


応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

ワーッハッハッハ…
あれ耳から離れない。お客様は果たして笑って頂けたのか…。
アンケートなかったので、コメントにご感想を書いていただけますと、ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

皆様本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (4)

2009年4月 4日 (土)

サロンコンサート情報

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
今回のコンサートは前半はソナタ、後半はヴィルトゥオーゾをテーマに展開いたします。
バッハはフルートと通奏低音の為、チェレプニンはバスーンとピアノ(それをチェレプニン自身が、マルセルミュールのために書き直したようです。)、ランティエはサクソフォンとピアノのための作品。
 
サクソフォンのクライスラーと呼ばれたアメリカのサクソフォン奏者「ルディー・ヴィードフ」の知られざる愉快な音楽を中心に後半はお届けいたします。
超絶技巧なのですが、何より楽しい、笑っちゃう、そして甘いメロディーを皆様にお届けいたします!
 
 
 
小山弦太郎サクソフォン・サロン・コンサート
 
 
2009年日()
 
アクタス・アンナホール(渋谷)
*お問い合わせ
0354581521(アクタス・セルマージャパン)
 
開場/14:30  開演/15:00
 
入場料/\2,500(要予約)
(こちらで予約可能です。\0になっておりますが、予約だけのためです。チケット代のお支払は当日受付でお願いいたします。)
 
 
サクソフォン/小山弦太郎
ピアノ/泉谷絵里
 
 
★プログラム★
 
●J.S.バッハ/フルートと通奏低音のためのソナタ BWV1035
●チェレプニン/ソナティネ・スポルティウ゛
●ランティエ/エスカルデュナック
 
●クライスラー/愛の悲しみ
●ウ゛ィードフ/ルベノラ
         /はかないワルツ
         /サクソドードル
●ヘーネ/スラビッシュ・ファンタジー
 
 

| | コメント (3)

2009年4月 3日 (金)

練習

練習
桜が咲いております。
もう散りかけております。
4月になりました。新年度スタートです。

サロンコンサートを控え、昨日はアクタスに行って練習。
さんぴん(シリーズ3のピンクゴールド)をお借りして吹いてみました。
音色が柔らかくて、バッハやクライスラーを吹いてて、スゴい気持ち良かった!
以前、にぴん(シリーズ2のピンクゴールド)を吹かせて頂いたことがあり、そのマイルドな音色にご機嫌になったので、気になっていました。

今の楽器も気に入っているので、併用してもう一本欲しいなぁ。

夢にしておこう。


仕上げによって音色や響きが変わってくるのは、何とも不思議です。時代と共に材質も変わるし、新しいモノも生まれてきます。面白い。


たまたまアクタスで師匠と遭遇。帰りは車で途中まで送って頂きました。昨年のコンクールぶりだから、4ヶ月ぶり位にお会いして、何だか安心。色々お話しながら帰りました。お元気そうで何よりです。


今日は最後のリハーサル。企画からあっという間の時間でした。


あとはモチベーションを最大限までもっていきます。
がんばります。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »