« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月18日 (土)

帰京帰郷

高知の旅も無事終了し、スタッフの皆さんに高知空港までお見送りして頂き、最後の最後まで高知の温かさを感じ、また絶対高知に行くぞー!と心に誓いました。

関係者の皆様、そしてコンサートにご来場の皆様、本当にありがとうございました。クワチュールべーはまた沢山練習して、再び皆様と楽しい時間を送れるよう、精進いたします。


高知を飛び立ち、一時間半もすれば、そこは東京羽田。
うーん、やはり国内は近くなりました。
日本の夜明けぜよ。


一夜明け、今日は東京北区の星美学園にレッスンに伺いました。マリンバの大熊りっちゃんの母校。こちらもご縁があり、毎年伺っております。今日は全三回のレッスン中の第一回。
久しぶりにみんなの音を聴いて、昨年よりも随分しっかりした音になっていました。嬉しかったです。

高い意識を持って、今後も頑張ってほしいと思います。
次回までに今日伝授した事を沢山練習してマスターして、次回はまた新しい事を学んでいきましょう!


そして急いで帰宅。
高知の旅の片付け&洗濯をし、次は長野へ。

実は只今新幹線内でブログ更新中です。


明日は上田染谷丘高校、明後日は野沢北高校へ。

吹奏楽コンクールの時期は、沢山の生徒達に出会えて、音楽を創るお手伝いが出来る楽しい時期です。
みんなが一生懸命音楽に集中出来るように、僕も頑張ります。


この夏も熱くなりそうです!
あっという間に秋のクワチュールべーリサイタルツアーになりそうです!
今年も香川と長野。
香川は高松テルサ(10/18)、長野は軽井沢大賀ホール(11/6)です。

お楽しみに!

| | コメント (5)

2009年7月16日 (木)

高知

高知
高知
2日前からクワチュールべーで高知県に来ております。
昨日は佐川高校と仁淀高校の皆さんを対象としたコンサートを思い出のホール「桜座」で演奏してまいりました。

今年2月に来たばかりですが、再びこのように皆さんと再会出来た事に最高の喜びを感じています。
夕方からはバーベキュー。物部川の河原で美味しいお肉と鮎、そしてみんなと騒いで飲むビールは最高でした。写真はその様子。


今日は高知県立美術館のエントランスホールでロビーコンサートもやらせていただきました。
そしてこれから香南市の「のいちふれあいセンター」でロビーコンサートです。チケットは完売のようで、全ての方々に感謝です。


今は宿泊しているホテルでゆっくり休んでいます。夜公演、しっかり楽しんで頂けるよう、万全で挑みたいと思います。


音楽で色々な人に出会えて幸せです。

| | コメント (6)

2009年7月 9日 (木)

ベクトル→

誰に向かって。
どこに向かって。

いつもどこにベクトルが向いているかが大切。


ちょっと時間が出来ると色々考えます。


自分がサックスで何が出来るかな。
自分が音楽で何が出来るかな。


僕は音楽を通じて、誰に何が出来るのでしょう。


20代は自分にベクトルが向いていた気がしますが、30代に向けて、ベクトルを外に向けていきたいと思います。


さて次は何をやろうかな。

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

AL3

最近リードが硬いのか、マウスピースの開きがありすぎるのか、梅雨のせいなのか、とても吹き心地が重く感じていました。

昨日はバンドレンのAL3を試しに選定。

最近また色々な楽器やマウスピースを試して、やはり今の楽器に落ち着く。

音色の傾向もマイルドな方向で、でも華やかさが欲しい。


言葉で音を表現するのは難しい。詩人のような表現はイマジネーションを膨らましてくれるし、かといって現実的な表現もズバッとわかる。バランス。


よくマウスピースの売り文句に、「エッジがあり…」というのがあるけれど、この「エッジ」の意味がいまいちわからなかった。

辞書で言葉の意味を調べたり、ある奏者に「今の音色の方がエッジがある」と言われた時にその音色を感じてみたりして、何となくこれがエッジかぁ。とわかった。
「音の輪郭」といえばわかりやすいのかな。いや、エッジはエッジか。
しかし「音の輪郭」と言っても目で見えるわけじゃないし、耳で感じるしかない。だから指差して、「これこれっ!」とできない。

言葉から音を想像して音を創造するのは面白い。

主観と客観のバランスをうまくとりながら音色をつくりたいと思う。

自分自身が望む音を出しやすいセッティングにしていくため、変わっていくのは当然かと思う。


理想の音の聞こえ方が変わってきますから。


今まで聞こえなかった倍音が聞こえたり、その倍音から響きや芯やエッジの区別がついたり。

答えは何通りもありますが、自分自身の中で「これかー!」と感じる事が大事。っていうか嬉しい。


AL3は以前は狭すぎと感じて吹きにくかったのに、今はなかなか良い。しかもリードは銀箱の2半がしっくりくる。不思議です。
でもそれが今ほしい倍音が出やすい。というか聞こえやすい。だからコントロールしやすい。


最近バリトン吹く事が多いから、アルトにとってアンブシュアが緩いのか、なんなのか。
一時期はC☆に4番付けてた時期もあったのに。

全く謎。


身体の使い方がかわったというより、脳ミソが変わってきたのだと思う。

脳ミソ大事。
イメージ大事。

練習は感覚を掴むための時間だと思っています。早く感覚を掴めれば、きっと練習時間は短い。逆は途方に暮れる。

どちらが良いかは人それぞれ。

それが生きがいですから。

| | コメント (2)

2009年7月 1日 (水)

6月終わる

怒濤の本番ラッシュでした。

小諸高校吹奏楽部の定演から始まり、長野の通明小学校、音楽の花束、そして一昨日のフレッシュコンサートと、ソロコンサート続きでした。

ご来場のお客様、本当にありがとうございました。


反省点はそれぞれのコンサートで生まれ、しかし次の本番に活かそうとしていきました。うまくいったこともあれば、やはりうまくいかなかった事もありました。

しかしそれもやはり次に繋げるしかありません。

演奏のクオリティを下げずに、コンサート全体の流れも考えつつ、MCも考えつつ…

まぁ大変。

それを完成させるには、やはり日頃の音楽練習が欠かせません。トレーニングは大切です。


この6月の忙しさはちょっと大変でした。体調管理はしっかりやったので、何とか乗り切れました。ちょっとホッとしています。
もちろん反省点が山盛りで、次の本番の為にまた練習です。

練習、リハーサル、本番、に加えレッスン、講習会。辛い時期でしたが、なんとか終わり、本当に良かったです。周りの方々のサポートのおかげです。感謝です。


気付けば今年も上半期が終わってしまいました。
はやい!

7月は再び高知県にてBカルのコンサートです。
いやー、美味しいカツオ!高知県の皆さんの温かい笑顔!楽しみです。


やっぱり深く楽しく音楽やって、仲間たちと高めあっていく事が何より楽しい!
来月からもマイペースで頑張ります!

| | コメント (3)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »