« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

レッスン

明日は生徒としてレッスンを受けてきます。


クロード・ドゥラングル先生。パリ国立高等音楽院の教授。

初めてレッスン受けます。武藤師匠のご配慮で実現しました。感謝です。


6年前のノナカサクソフォンコンクールでお会いした以来なので、覚えていらっしゃらないんだろなー。あの時は審査委員長でした。

月日が経つのは早いです。

ていうか、学生終えてもう6年か…。
こんなおみそを迎える時にレッスン受けられるなんてラッキー!ちょっと沢山色々もらってこよう。

曲はベリオのセクエンツァⅨb。ドゥラングル先生の十八番です。やはり先生の得意とするものを、レッスンで持っていくのが一番ためになる。


難曲だから準備は大変だけど。ベストを尽くした分、何か返ってくると信じて。

一生勉強です。

ワクワクです。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

夏も終わり

お久しぶり更新です。

もうすぐ8月が終わるー。早いですねぇ。この間梅雨明けしたかと思えば、もう秋の陽気です。

夜は寒くなってきましたね。

さて先日はクワチュールベーの小諸合宿も行い、また小諸の日本料亭「音羽」さんでクワチュールベーディナーコンサートも行い、地元の皆さんとふれあえて本当に良かったです。
昔懐かしの方々もいて、小さい頃の僕を知っているおばちゃんとかもいらして下さって、何だか初めての感じのコンサートでした。
お客様も満席!嬉しい事です!
音羽さんの美味しいお料理と、お酒も堪能させて頂きました。

ありがとうございました。

またこの合宿中には、小学生の頃から知っている幼なじみのお宅にBカルがお招き頂きまして、これまた大宴会でサイコーでした。
こういった地元の温かさに触れると、もう何ていうか、もう、ただただ温かいです。
感謝の気持ちでいっぱいです。菊池家の皆さんありがとうございました!


この合宿も3年目。これが終わると夏の終わりを感じます。

今年は忙しい。
合宿翌日からレッスン。
長野県は夏休みが短かった…。気付けば2学期が始まっていました。


みんな受験までラストスパート!僕も生徒たちと頑張ります!

今日はオフなので、1日練習しよう。

| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

小諸にBカルがやってくる

今月末、Bカルが小諸の音羽で、ディナーコンサートを行います。美味しいお料理と、楽しいステージで、夏の思い出を!

Quatuor B in OTOWA

〜クワチュールベー イン 音羽〜

2009年8月23日(日)
会場/日本料理「音羽」
小諸市鶴巻2-2-27


16:30〜コンサート
18:00〜お食事
(19:30終了予定)

料金 お一人様 10,000円

お申し込みはお電話かFAXで。
TEL 0267-22-2225
FAX 0267-25-2217


小諸の皆様是非。

| | コメント (2)

2009年8月15日 (土)

登山

登山
登山
小諸市にある布引観音に行ってきました。
山の上にあるので軽く登山。
壮大な岩が圧巻でした。
夕方登ったので、若干薄気味悪く、またそれが別の世界に誘われるような雰囲気。このトンネルをくぐれば千と千尋の世界に行きそうな…。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

嬉しい事

小諸高校が吹奏楽コンクールで長野県代表になったー!
後輩たちみんなよく頑張ったー!

嬉しいよー!

| | コメント (1)

2009年8月 4日 (火)

すっきりした後考える

昨日はカレーを作ってみましたが、10人前も作ってしまい、今日も1日カレーでした。

しかし、今日は掃除洗濯をし、すっきりしました。


ひょんな事から、月末に来日しているドゥラングル先生のレッスンを受ける事になり、急きょベリオのセクエンツァⅨbを譜読みする事になりました。

現代曲は久しぶりに取り組むので楽しみです。

難解な現代曲を分かりやすく演奏するには、演奏者が深く理解して、なおかつ分かりやすい表現をしないといけないなぁと感じています。
クラシックも、現代曲も、ジャズもロックもポップスも、同じ音楽で、人に何かを伝えるためにあります。決して自己満足の世界ではないわけで。

なんだかわからないけど、クラシックは高尚だとか、現代曲は意味がわからないからと、拒絶しないような環境にしていきたいと思います。

ていうか、そんな本を今読んでいて、非常に興味深いのです。

「人を魅了する演奏」
という本。

読んでいて、僕自身前々から疑問に思っている事がほぼ同じように書いてあり、そしてその解決策も書いてあった。


その中に拍の起源が書いてあり、特に納得した。

日本人は拍を数字として数え、全てを均等に分ける。西欧人は拍に強弱がある。
日本の俳句や短歌は、五七五や、五七五七七など、数を重要視し、その中にアクセントはない。
西欧の詩にはアクセントがある。


ただ単に数学的に拍にリズムをはめ込むのでは、ノリが生まれないのはこのためなのです。


楽譜には書いてない事が沢山あります。言語、文化にヒントが沢山あるのだと、改めて納得しました。

素晴らしい奏法で、よい音を出し、そのよい音だけで表現するなんて幅が狭すぎでつまらない。
完璧なんだけど、中身が空っぽでナンセンスな演奏をしないように…


とその本で喝をいれられた気がしました。


色々な表現が出来る、面白い音楽家になれるように、しっかりと勉強しよう。


そう思った午後。
良い休日でした。

明日は東京芸術劇場にて本番。色々と試してみよう。

| | コメント (1)

2009年8月 2日 (日)

帰京

広島から舞い戻って参りました。近いですね。

今日の本番も子供達のキラキラ笑顔が印象的でした。
サイン会は長蛇の列。嬉しかったです。CDも先行発売しました。キツネさんたちのCD、事実上は9月発売です。
また告知いたします!

昨晩は福山の街に繰り出し、ワイワイガヤガヤ。広島カープファンのお店のおばちゃんが阪神ファンでした。一瞬盛り上がってみました。

その後ラーメン終止。今回のお店は当たり!とても美味しかったです。


また福山に行ける日を楽しみにしてます!

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

広島へ

だいぶご無沙汰ブログでした。その間たっぷりレッスンをしつつ、韓国料理パーティーを開きつつ、旅しつつ、今は広島へ。

長旅4時間、新幹線で移動です。

着いたらリハーサル。明日はコンサート本番です。

タイトなスケジュールですが、広島を満喫しようと思います!

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »