« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

東京らしい

東京らしい
今日は昼過ぎからドルチェ楽器でリハーサル。その後長野へ移動だったので、車で新宿に。電車の時とは違い、かなり都会っぷり満載な道を通ってきました。


でっけーびるじんぐだー。

やっぱり晴れた日は何とも気持ちが良いですね!

今日はフェスティバルでクワチュールべーとして演奏する「4つの葦の為の4つの章」を音出し。

こちらもどうぞお楽しみに!クワチュールべー、何気に東京では初舞台?是非ご来場くださいね!
サクソフォンフェスティバルは12/12、13とパルテノン多摩で開催です。
サックス吹きの方々はもちろん、そうでない方々もサックス祭に是非遊びに来て下さいね!

しかし今日の移動距離270キロ。疲れるわけです。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

みなとみらい

みなとみらい
今年のサクソフォーンフェスティバルのスペシャルステージはシルクが出演させて頂ける事になり、その打ち合わせを今日は横浜みなとみらいで行いました。

シルクらしいステージになりそうです。
皆様お楽しみに!

もうひとつ。HOT情報。来年6月24日(木)にみなとみらい小ホールにて、ソロリサイタルを開催いたします。こちらもよろしくお願いします。詳細はまた後日。

リハーサルも終わり、外は夜景。コスモワールドの観覧車がとても綺麗でした。癒し。

| | コメント (1)

柚子風呂終止

朝からレッスン。
小諸は寒い。レッスン室入ってすぐに楽器を吹くと、チューニング438くらいかそれ以下。う〜ん寒い。

音程と共に徐々にテンションも上がってレッスンスタート。
3年生はあと数える位しかレッスンがないわけで、初めて持った生徒達が無事巣立って行くことを願うばかりです。

今日は昼過ぎ終了のはずが、今週末に入試を控えている生徒の為、放課後も登校。その後のホームレッスンも予定より45分も早く来るやる気に満ちあふれた生徒。

みんな頑張ってるから、そんな昼寝をしたかったなんて言えません!


生徒のやる気から元気をもらう先生。

全て終わって、東京へ戻ると、日付はチェンジ。車の中では相変わらずイメージトレーニングであっという間に2県をまたぐ。夜の高速道路はガラガラです。


帰ってから、風呂は柚子風呂。バスクリン。
しかしこれでまた明日も頑張れるのです。単純。

この時間が大切。

| | コメント (3)

2009年10月27日 (火)

そして小諸へ

そして小諸へ
雨降る東京から、雨降る小諸へ移動。そしてレッスン。
なんだか今日の天気のような演奏をする生徒もチラホラ。やはり天気は気分を左右しますね。

生徒たちには是非「愛」のある演奏を切に願います。愛情を持って演奏すれば、聴いていて安心します。

試験などで追い詰められてくると、何かが足りなくなってきます。


愛です。

常に音楽に対して愛情ある演奏が出来れば、奏法だって自ずとついてきます。

奏法から入ると、樹海入り。迷子になっちゃいます。気を付けて!経験者は語ります(笑)


さぁみんな、病気を治せちゃうくらいの音で、スケールも吹いちゃおう!

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

ほっとひといきコンサート

ほっとひといきコンサート
静岡駅内でのコンサート、無事終了しました!
想像以上のお客様の数に大変感激しました。皆さんのノリも良く、すごく楽しいコンサートとなりました。足を止めて下さった皆様、ありがとうございました。
静岡市文化振興財団のスタッフの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。


これからようやく家に帰ります〜。この年末までは、ダーっと駆け巡ります!
頑張るぞ!

| | コメント (2)

2009年10月24日 (土)

福井→静岡

福井→静岡
シエナの本番無事終了しました。バリトン楽しい。
吹奏楽の中のバリトンサックスもまた面白いポジションでした。また機会があると良いなぁ。

今から静岡に移動です!
電車では隣で貝沼くんが焼き鯖寿司を頬張り、ご満悦。地方では美味しいモノを食べるのが本当に楽しみですね〜。

明日はクインテット・シルクの本番。

うなぎとお茶か。
楽しみ!

| | コメント (3)

2009年10月23日 (金)

ふくい

ふくい
福井に到着!
やはり陸の移動は長時間。
今日は朝からのリハーサル後、予定よりも早めに移動して、夜の福井を満喫。美味しいお酒と、締めのお寿司と、有意義な時間を過ごしました。

明日の本番の為、早めに切り上げ、健全な飲み会でした。素晴らしい大人飲み。

ということで、明日は楽しんで、バリバリいきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

シエナ

今日はシエナリハ。
荒川区民センターに行ってきました。吹奏楽はまた違った発見があり、そして大勢のアンサンブルは純粋に楽しい。色々な音色があり、とてもカラフルです。

今回はバリトンです。兄弟子、大津さんの代わりなのです。シエナでバリトンは初めて。とても心地よいポジションでした。明日もリハなので、もっと居場所を探しつつ、楽しみたいと思います。

一生懸命やる理由は楽しみたいからなんでしょうね!
色々な音楽家の方々と演奏すると、世界がぐんと広がりますね。こういった経験は本当に大切にしたいですね。

本番は明後日、福井県です。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

今日はシルク

今日はシルク
今日はシルクのリハーサル。Bカルではバリトンですが、シルクではソプラノ&アルトです。
しばらくバリトン期間だったので、ソプラノは久しぶり。しかし高音も楽しいですね!

週末にシルクは静岡でコンサートです。今日はかなり頑張って練習しました。
5重奏は4重奏よりゴージャスな気がしますが、バランスがとても難しい。


シルクはかれこれ4年はやってるので、だいぶ音が寄ってきましたが、かなり時間がかかりました。シルクメンバーのおかげで随分成長できたと思います。色々と教え合ってみんなで上達してきました。
素晴らしい仲間たちと、こうやって楽しめる事は、あぁ、楽しい。


半日ソプラノとアルトを吹きっぱなしだったので、口が…。イタタ…。

明日からバリトンです。
切り替え切り替え。

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

リサイタル高松公演

リサイタル高松公演
昨日はクワチュールベーリサイタル高松公演が多くの皆さんに支えられ、無事に終了しました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

この高松ツアーは過密スケジュールだったため、ゆっくり出来ませんでしたが、こうやって沢山演奏を聴いて頂ける事は幸せです。そして音楽を通じて交流が出来るのは、やはり音楽のもつ最大の力です。

打ち上げも盛り上がり、楽しいひとときでした。参加してくださった方々、ありがとうございました。


そして帰京。帰りのさぬき空港のうどん屋で、久本雅美さんと柴田理恵さんに遭遇。芸能人でした。ミーハー。しかも同じ東京行きの飛行機。ミーハー。


くたくたになり帰宅するも、これから小諸へ移動。
いや、少し昼寝してからにしておこう。

| | コメント (2)

2009年10月17日 (土)

音楽三昧

音楽三昧
音楽三昧
昨日は「NAYA-NANYA」にてチャリティーコンサート。温かい雰囲気の中のコンサートでした。会場が納屋なのです。

NAYA-NANYA。


サックスを通じて、このように沢山の人に出会え、そして人間本来の温かさを知ると、ふと目が覚めます。コンサートで見る皆さんの笑顔が一番安心します。

ありがとうございました。

今日は街頭コンサートと夜は丸亀市の88ステージにてコンサートでした。今回の高松ツアーはプログラムが全部違うので大変なのです。
30曲以上仕込んでまいりました。

88ステージには可愛らしいピアノがあり、記念に撮影。


今日も沢山のお客様と音楽で時間を共有でき、大変幸せな一時でした。
ご来場のお客様、スタッフの皆さん、ありがとうございました。


明日はいよいよリサイタル。

気合いいれます。この高松ツアー、まだ夜の宴会を行っていないという、Bカルにとっては異常な位健全ツアー。

明日ははじけます!

| | コメント (1)

2009年10月16日 (金)

香川入り、まずは

香川入り、まずは
毎回の恒例。
高松に着いたらまずは「もり家」でうどんを。かき揚げぶっかけはデカイ。特盛り並み!
毎回この大きさに驚き、学習せずに次回を迎え撃沈するのもまた恒例。

今日はこれからFM高松で生放送出演、そして夜はNAYA-NANYAでチャリティーコンサートです。

頑張ります!

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

明日から香川県

時間が経つのは早いです。明日から香川入り。今日も朝からリハーサルをし、最後の確認。

このスケジュールの中、4人の時間は限られているので、短時間に身体に音楽を入れていかねばなりません。大変な作業ですが、大変鍛えられます。


しかしバリトンデビューからまだ1年半しか経っていないんだなぁと思うと、時間の流れは遅いのかも。

つい最近バリトンサックスの保証が切れましたが、既に数年使い込んだ楽器になりつつあります。銀じゃないけどいぶし銀。
ラッカーが剥げるのが早かった(涙)
マウスピースも気付けばこの一年で6本も買い、もちろん種類はバラバラ。試行錯誤した後がみえます。。

耳が低音域の耳になってくると、音色、音質が感じられてきます。これは感激でした。
こればっかりは感覚なので、何とも言葉では表せられませんが、それが「音色」なのかと思うわけです。


吹き心地ってのは、頭に鳴っている音に近づいた時に、良いと感じるのだと思います。


今出来る事をベストを尽くしてやる。明日からの本番もそれですね。

高松公演、沢山のお客様にお会い出来る事を楽しみにしています。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

普通が一番

本日もBカルリハーサル。
ドルチェ楽器のスタジオをお借りして、ガラス張りの超公開リハーサル。
リハーサル中にバリトンのマウスピースを試奏。最近アルトもだいぶ楽なセッティングになっていて、バリトンもそれに合わせ楽なセッティングにしてみました。
肝心な低音のキメもかなり楽になりました。その上、サウンドも寄りやすくなりました。リハーサルも含め、音を出している部屋によって響きが違うので、混乱がありましたが、トータルでバランス良いセッティングで望んだ方が良いと思います。

普通が一番。


結局はそれ。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

同い年

今日は朝から町田でBカルのリハーサル。新曲の作曲家石川亮太くんも来て下さり、新曲のチェック。本当に素敵な曲が出来上がりました。嬉しい!早くお披露目したいところですが、もう少し打ち合わせをして、皆さまによりよい形でお披露目できればと思います。


6時間ものリハーサルを終え、作曲家の高橋宏樹くんと打ち合わせ。

高橋くんは来年度の吹奏楽コンクールの課題曲の作曲家!素晴らしい!
同い年ということもあり、意気投合しました。色々と打ち合わせをして、今後の計画を…というかは、結局は友達として語り合いました。

同世代のなかでも、同い年はなかなか少なかったこの業界。
こういった出会いは本当に嬉しいです。


これからが楽しみです!

| | コメント (2)

2009年10月12日 (月)

Bカル週間

今週は毎日Bカルリハーサルです。週末は高松にて、怒涛の連続本番が待っています。4人のスケジュールもそれぞれなので、この1週間にかけていたわけです。もちろん、このリサイタルの為に夏合宿をしたりもして、長い時間かけて準備をしてまいりました。

今日は銀座にて、スーパーコンポーザー石川亮太くんの新曲の音出し。


「日本の四季によるミニチュアシンフォニー」


全4楽章(四季)の楽しく、泣ける素晴らしい曲を書いて頂きました。出来たてホヤホヤ。Bカルメンバーも興奮状態。
高松公演が世界初演となります。同世代の仲間と同世代の作曲家で生まれるサイコーな音楽だと思っています。


ちなみに昨年、高橋宏樹くんの「アルルのサックス展覧会」が我々の委嘱作品でしたが、これが沢山の方々からの要望でついにブレーン社から出版されました!サックスが登場するオーケストラ作品のメドレーです。
サックス吹きの皆さん、是非演奏してみてください!楽しいですよー!


サックスカルテットを通じて、沢山の音楽で、沢山のお客様と心の会話を出来る事を、本当に楽しみにしています!

まずは高松公演、皆さま是非ご来場頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
みんなで楽しみましょう!

明日も朝からリハーサル頑張りますよー!

| | コメント (2)

須坂へ

今日は須坂東高校へレッスンに行ってきました。顧問の先生は、僕の高校時代の先生だった倉坪先生。いや〜!懐かしい!
相変わらず素敵な先生でした。当時の先生は今の僕よりも若かったようで、何だかすごく時間が経ってしまったのだと感じました。
再会出来て嬉しかったー。

さて、今日の生徒たちの中には、3年程前に僕のレッスンを受けた生徒もいて、何だか嬉しい再会でした。みんな素直で今後が期待出来ますね!楽しみ!

2時間しっかり楽器を吹いて、沢山考えて、みんなの中で何か発見があったら嬉しいです。
レッスンとは、今後の良い練習の為のきっかけ作り。それが僕のテーマです。


沢山練習しなきゃね。
沢山練習したら、また課題が見えてくるから、またレッスンを受けて、ヒントを見つけだす。

これの繰り返しです。

実家に戻り、受験生を2人レッスン。
みんな頑張るから、僕も自然と熱が入ってしまいます。

気付けば3時間以上経っていました…。

東京に戻ったのが深夜1:00。今日はたっぷり頑張ったなぁ。

明日からBカル週間。高松公演まで、ちょうど1週間。
脳ミソ切り替えます!

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

無い物ねだり

只今ヤマハの楽器(アルト)を試し中。Yas875EXというモデル。ラッカーです。

メーカー、モデルによって音色や音程の傾向が違ってきますが、結局は自分の描く音色になっていきます。ただその描いた音色を楽に出せた方が音楽に集中出来ます。
だからかなり好みの問題になってきます。扱いやすいものがやはり良い。

僕は始めはヤマハ、その後10年セルマーを使ってきたので、ヤマハを10年ぶりに吹き、またその進化ぶりに驚きました。だいぶ変わってました。


もちろん新しいモノを吹くと一瞬「おっ!」と思います。なのでしばらくお試しなのです。只今1週間位吹きましたが、色々気付く所が見えてきました。

アルトは使用頻度が多い分、とても繊細。気付く所が沢山なのです。慣れで解決する部分と、少し改造して自分に合わせてもらう部分が出てきます。キーの高さを0.01ミリ位変えるだけの問題もあります。
吹き心地やそれに伴う音色の傾向など色々わかってきただけでも、自分にあった楽器選びがようやく出来るスタート地点にたったというべきなのでしょうか。

好みやそれに対する判断、主観的すぎないバランス。自分を客観的に見る(聴く)クールさ。
とても大切になってきます。


自分の描く音楽が表現出来る一番良い状態で演奏出来るよう、色々試してみたいと思います。

結局最後は自分を信じる事なのですが。

これにはあって、これにはない。

世の中全てのアレもコレもソレなのかもしれません。

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

台風一過

昔、「台風一家」だと思っておりました。


すっかり秋晴れの陽気。今日は長野でレッスンなので、新幹線移動。

しかし台風のせいで、いつもの電車たちがストップ。思わぬ足止めに予定が狂ってしまいました。動いている路線を探しながら、ようやく大宮に着き、ようやく新幹線に乗る事ができました。


台風一家め!!

でも晴れてるからとてもキモチー。

Bカルのリサイタルも来週に迫ってまいりました。高松公演、お楽しみに!香川の皆さん!いや四国の皆さん!お待ちしております。

| | コメント (3)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »