« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月19日 (日)

高崎へ

今日は群馬の高崎健康福祉大学附属高校へレッスン。
みっちり3時間みんな頑張ってくれました。

来週が定期演奏会なので、ほぼ出来上がっていましたが、細かくポイントを伝えてみました。全ては音楽が生き生きするため、みんなが生き生きするためです。
うまくいけば楽しいし、お客さんと分かち合えれば、なおハッピーです。

最高の演奏会になりますように!

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

レコーディング二日目

レコーディング二日目
今日は大変だった!
朝の9:30にスタジオ入って、終わったのが深夜0:00を迎えようとしていました。
懐かしいかっこ良い曲ばかりなので、夢中でレコーディングしてます。

ペッパー警部やプレイバックPart2などイケイケです。

明日でラスト。睡眠時間がもったいないので寝ます。現在1:00…。はぁ。
おやすみなさい。

| | コメント (2)

2010年9月15日 (水)

レコーディング

レコーディング
ノックアウトブラスのレコーディングが始まりました。昭和歌謡のイケイケアレンジで、テンション上がりまくりのCDになりそうです。

今回、僕の音を録ってくれるマイクは超レアらしく、ドイツ製の戦前の時代のマイク。
みんなマイクが違うので面白い!どんな音が録れるのでしょうか。

出来上がりが楽しみです。
あと二日、スタジオに缶詰め状態が続きます。

| | コメント (3)

2010年9月13日 (月)

青森ツアー終了

楽しい楽しいQB青森ツアーが無事終了しました。
横内小学校、三内小学校、長島小学校、奥内小学校の4校のアウトリーチは、本当にみんな一生懸命見て聴いて感じてくれました。
音楽を通じて、何かを感じて、好きな事を見つけて頑張ってもらいたいと思います。
アウトリーチは、ただ音楽を聴く鑑賞会ではなく、音楽のパワーを使っての授業みたいなものなので、本当にもっと全国に広まればなーと思います。


そして最終日はコンサート。
青森では【おでかけクラシック】という名前でシリーズ化しています。通称【おでくら】。

今回はクワチュールB初の青森公演でしたが、沢山のお客様にクワチュールBの音楽を見て聴いて感じて頂けて、本当に嬉しいコンサートでした。
ご来場の皆様ありがとうございました。

スタッフの方々も温かいお迎えをして下さり感激でした。本当にありがとうございました。

青森サイコー!


秋の空気を感じた肌寒い青森から帰京し、やはり蒸し暑かった…。残暑厳しい日々ですが、明日からレコーディングのお仕事が始まります。

ものすごい楽しい曲ばかりですが、曲数が多いので、とても大変なレコーディングな予感。

楽しんで頑張ります!

| | コメント (2)

2010年9月11日 (土)

QB 青森公演

2010_2_  QB青森公演ももうすぐです!

青森県の皆様ご来場お待ちしております。QB青森初上陸です!

9月11日(土)14:00開演(13:30開場)
青森市民ホール(青森市柳川1-2-14 JR青森駅より徒歩3分)

プログラム
プラネル/バーレスク

ハイドン/弦楽四重奏曲op20-5

石川亮太編/日本の四季によるミニチュアシンフォニー

入場料:全席自由 一般2,000円 / 学生1,000円

お問い合わせ

青森市文化会館 Tel 017-773-7300

| | コメント (2)

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡
僕らの世代の教科書には載っていなかった「三内丸山遺跡」。
今回青森ツアーのアウトリーチを全て終えた後、ロマンの三内丸山遺跡に行ってきました。
球場建設の為の工事中に発見された縄文時代の遺跡で、球場建設を取り止め、遺跡発掘となったそうな。


昔の神秘にはロマンを感じますね〜。とても良い!


青森ツアーも残すところ、明日のコンサートのみとなりました。あっという間。スタッフの皆さんのお心遣いに感激しながら、また明日も気合い入れて出来そうです。

アウトリーチも全4校、子供達と音楽をたっぷり味わいました。今回感じた音楽はまたクワチュールベーを幸せにしてくれました。みんなありがとう!


明日は素敵な青森市民ホールで、はじけてきます!

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

青森到着

青森到着
青森到着。なんと涼しい寒い。

まずは名物B級グルメ。

味噌カレー牛乳ラーメン。


うまい。


明日から4つのアウトリーチと最終日はリサイタルです。

4泊5日の青森ツアー成功させるべく頑張ります。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

昔のバリトンサックス

昔のバリトンサックス
今日はBカルリハーサルのあとアクタスへ。
明日からの青森ツアーに備えて、バリトンを調整して頂きました。

鳴りが良くなって明日から益々楽しみです。


今日はとても貴重なバリトンサックスを吹かせて頂きました。
1933年のセルマーのバリトン。

今のものより細身で軽い。下はB♭までしかでないので、管体も短くて、テナーを吹いている感覚でした。
音色はマイルドで温かい。ちょっとくすんだ感じもとても味わいがありました。
マルセル・ミュールの時代のバリトンですから、これでデザンクロやシュミットを吹いていたのかと、あの録音はこういう楽器を使ってたのかと、すごく感慨深かったです。


しばしその音色を味わってました。昔にタイムスリップしたような、そんな貴重な経験してしまった。


ラッキー!

| | コメント (1)

2010年9月 6日 (月)

ヒント

今日はドルチェで中学生のレッスン。頑張ってます。いつも2時間みっちりやって、だんだんペースを掴み始めてます。この先楽しみです。

レッスン後、サックスブースにいったら東京佼成ウインドオーケストラのバリトンサックス奏者の栃尾克樹さんがいらっしゃいました。
昔から栃尾さんのバリトンをずっと聴いてきて憧れていたので、今日は思い切って、恐れ多くもバリトン話を持ちかけてみました。

マウスピースやリガチャー、リードなど、アルトとは違う視点でお話して頂き、感激でした。
お話だけでもヒントを頂けたのですが、なんと、栃尾さんのセッティングで楽器を吹かせて頂けました。

わー!超感激!

憧れのバリトン奏者はこういう感じで吹いているのかと、実感体感することで、言葉だけでは伝わらないものを教わりました。

本当に嬉しかったー!

以前師匠の楽器も吹かせて頂いたが、やはりものすごいヒントがあった。


こういう経験ってなかなか出来ないけれど、ふとしたチャンスにものすごいヒントが隠されています。

なかなかプレイヤーの楽器を吹かせてもらえる機会は少ないから、ものすごい貴重な経験になりました。

栃尾さんにはとても感謝です。

ありがとうございました。
色々掴んじゃいました。


その後、大久保にて暑気払い飲み会@韓国料理屋。
作曲家高橋宏樹くんと、後輩キトラ、和音ちゃんと。

みんなとしっかり話が出来て嬉しかった〜。みんな頑張ってて刺激もらった!

やはりこういうの大切ね。


辛いものと、マッコリで、さらに今日はご機嫌です。

| | コメント (3)

2010年9月 1日 (水)

鍼治療

只今静岡の御前崎に来ています。
生まれて初めての鍼治療を受けてきました。

楽器吹いてると、身体バキバキです。僕の背中腰はやはり疲労の塊でした。


しかしこればっかりはケアしながら、良い状態を保っていかねばなりません。
今日はだいぶほぐして頂きました。


良い音、健康的な音を維持出来るように、身体も大切にしていかねばなりません。
スポーツ選手と同じように、演奏家も身体を酷使しますからね。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »