« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

小諸は夜は秋の空気

涼しい。
2週間ぶりの小諸。


田舎に来ると、四季をきちんと感じられて素晴らしい。日本らしい事です。お盆を過ぎて夏休みも終わり、秋ですよ、もう。

あっという間に夏がおわります。長野県はもうとっくに2学期。夏休みがみじけーのです。世の子どもたちは今頃夏休みの宿題を家族総出でやる時期ですが、長野県の子供たちはお盆過ぎが、いきなりのラストスパートです。でした。

お父さんはそんな半月前の天気なんて覚えていません。あの日の次の日はとりあえずプールに行ったということにします。その次は自転車にでも乗ったよね。うろ覚え過ぎて、半分ファンタジー日記(絵付き)。

自由研究が自由過ぎて自由自在な内容。クオリティの低さと即興性の高さの紙一重。
そして無駄にクオリティの高い工作by 父。

なぜ僕は宿題放置プレイが得意だったのでしょう。答えは夏休みの魔法ということにします。


……


そんな幼少期に嗅いだ秋の夜風の匂ひがしてきます。
好きな季節です。


故郷の空や風や匂いで、感傷的になる歳なのでしょうか。ふと過去の思い出がぶぅぁぁぁぁぁっと甦ってきます。

故郷は良い。

地デジ化されていない実家は無音。おかげで外の虫の音が風情Max。


いいじゃない、この雰囲気。
明日から2学期レッスンスタートです!

| | コメント (2)

2011年8月27日 (土)

キツネたちのぬいぐるみ

キツネたちのぬいぐるみ
ついについにサキソフォックスたちのぬいぐるみが出来ましたよー!
一匹ずつの販売らしいので、人気度があらわになりますね…。


それにしても可愛いですねぇ。4匹揃ったらたまらんですね。
明日の立川公演で初お目見えのようですので、ご来場のお客様は見てみてくださいね〜。

この仕事をしていると、本当に本気で色々なジャンルをやるので、自分の本職であるクラシックを見つめ直す事が出来るし、他ジャンルのニュアンスの深さにしびれます。

音大ではなかなか教えてもらえないそのニュアンスというもの。クラシックの勉強していたって、近現代になってくれば、ジャズやロックのテイストのものは沢山出てきます。だからはっきり言って、ジャンルなど無いようなものです。


そんな中、自分はどんな声でどんな音楽をどのような味付けでやりたいのか。音楽家として、しっかり考えておきたい事です。

そこがぶれなければ、説得力のある生き方が出来るのだと思います。


このぬいぐるみを見て、なんだかまた頑張れそうな気がしました。
これからムートンくんを拝んでから本番やろーっと。

| | コメント (4)

2011年8月24日 (水)

温かい息

たまーに、音が真っ直ぐ伸びないという生徒がいます。
初心者の方はなかなか真っ直ぐ伸びない。沢山練習してきた上級者だって、伸びない時もある。

沢山練習してきて、身体に染み込み勝手に出来るようになっていた事が、何かの拍子で出来なくなる。
それは何かを忘れたり、何かにとらわれすぎていたりした時にそうなったりします。


「昔は出来たのにー!」

なんていう弱音を僕も吐いたときがありましたが、まだそんな年じゃないでしょう。


忘れてるだけなのです。もしくは、ひねくれたのです。

なんかしっくりこないなーと思って、生徒に
「あったかい息でやってみなよ!」
とアドバイスをしたが、それは自分にとっても重要なヒントでした。


息のスピードのコントロールはするけれど、息の温度コントロールという考え方は自分の中で感覚として新しいな!

色々調べるとサクソフォーンだけでなく、管楽器全般は温かい息という教育が多いです。

当たり前じゃん!!なんて声も聞こえてきそうですが、そう、忘れてたのです。

教わって忘れて思い出して教えて思い出して教わって忘れる…。
そんな繰返し。


温かい息


また身体に染み込むまで、意識しながら練習しようと思います。

| | コメント (3)

2011年8月22日 (月)

ブルーベリーアイ

インターネットで母の病気(ALS )について調べていると、ナノビルベリーというものが、どうやら良いみたいな事が載っていたので、早速取り寄せて試しています。
http://company.wakasa.jp/info/detail/89

わかさ生活のブルーベリーアイというサプリメントです。色々と種類があるみたいですが、「純粋タイプ」というものが、良いようです。
http://www.wakasa.jp/shopping/mall/products/detail.php?product_id=143

何がどうなるかなんて分かりませんが、薬がない今、その特効薬が見つかるまであらゆるものを試さねばなりません。
現在唯一の進行を抑制する薬には、滅多に起きない副作用が母の体に出てしまったので、それは飲めないのです。こんなことあるのでしょうか…。


とにもかくにも、少しでも長生き出来るように、情報を集めないとなりません。皆さんもなにか知っていたらお願いいたします。

医学は日々進化しているのですが、不治の病はいつか治るようになるのでしょうか。


願うばかりです。

| | コメント (2)

2011年8月20日 (土)

秋田でした。

秋田でした。
秋田でした。
秋田でした。
ズーラシアンクールブラスでの旅。


秋田と言えばなまはげ。沖縄出身のホルン比嘉さんと。(写真一枚目)


夜までリハーサルをして、やはり飲み会!今回はメンバー全員で。滅多にこういう形で飲めないので、とても貴重な時間でした。皆さん素晴らしいプレイヤーです。


楽しい夜でした。

秋田公演は午前午後の2回とも満席!!素晴らしいー!ありがとうございました。
公演後は帰りの秋田空港でプチ打ち上げ。ビールと比内地鶏ラーメン終止。

…が出発時間ギリギリにきて、まったく味わう余裕なし。5分で食すことに。30分前に入ったのにー。


飛行機では案の定爆睡。着陸の衝撃で目覚め最悪。
この瞬間いつも思います。
「あ、飛行機だったんだ。」と。


お疲れのご様子。

バタバタ秋田の旅はあっという間に終わりました。

| | コメント (2)

2011年8月17日 (水)

打ち合わせ

今日は赤坂の地域創造にて、この11月に滞在予定の奄美大島でのコンサート打ち合わせ。

このお仕事を通じて色々な土地に伺いますが、どの地域も独自の文化があり、日本の中でもこれだけ違うのかと、とても興味深いです。

今回伺う奄美市も独自の文化があるらしく、今からとても楽しみです。島唄とのコラボレーションなど、その土地ならではの企画を、良い形で実現していければと思います。


それにしても、今日はdocomoの電波障害で、大変不便な日でした。
っていうか、それだけケータイ使ってるってことですね。
いつも電車の乗り換え案内で調べて、スイスイでしたが、今日は久々に手帳の後ろの方に載ってる路線図みながら、最短距離を調べて…といったアナログな一日。

本来、人はこうあるべきだ!!と文明の力に反省しながら、行動しました。
ケータイは便利ですが、頼りすぎは身を滅ぼすなと。


ご利用は計画的にですね。

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

QB小海公演終了!

素敵な音楽堂「ヤルヴィホール」にて、クワチュール・ベーの小海公演が無事終了致しました。

スタッフの方々、ペンションアルニコの奥様の美味しいお料理と、温かいお客さまに囲まれ、とても温かいコンサートになりました。真夏なはずですが、小海町はとても過ごしやすかったです。
僕は小海町は実は初めて滞在しました。小諸と同じ学区なので、名前はかなりお馴染みでしたが、なんだかこういう形で滞在できたのが、とてもありがたく幸せでした。

スタッフの方々とも地元話で盛り上がったり、今年の甲子園予選は小商(小諸商業高校)が惜しかったー!とか。小商の野球部に小海出身の生徒がいるようで、来年が楽しみです。


いつものコンサートより、なんだかよく喋ったなぁ。地元だから?お客さまのノリが良かったから?

そこにいる全ての人が作った空気の中で時間を共有できるのが、ライヴの醍醐味ですね♪
CDではない、生の音楽会でした。とても嬉しかったです。

またヤルヴィホールで皆様と再会出来る日を楽しみにしています。


ご来場ありがとうございました。

| | コメント (2)

2011年8月14日 (日)

【ご案内】8月14日(日)Quatuor B 小海公演

長野県の皆様、クワチュール・ベーが今年は小海町にまいります。松原湖近くの音楽堂「ヤルヴィホール」で素晴らしい空間の中、リサイタルが出来る事を今から楽しみにしています。200名程の収容ホールですので、チケットはお早めに!!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

Qb

Quatuor B(クワチュール・ベー)サクソフォーンコンサート

2011年8月14日(日)

13:30開場 14:00開演

小海町音楽堂「ヤルヴィホール」

入場料1,500円(前売り1,000円) 友の会会員・小中学生無料

主催:小海町教育委員会/知恵の泉実行委員会

チケット販売・お問い合わせ:小海町総合センター 0267-92-4391

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

練習をしに

今日は夕方、渋谷のアクタスに伺いバリトンの練習を。

今週末の小海公演でやる、ネタがなかなかの難しさで、さらわねば!?ということで。特にボザ!!久しぶりにこんなにバリトンが運動しますよ。

最近はブンブンベンベンコースばかりだったので、だいぶベースラインは慣れてきましたが、逆に跳躍の嵐にバリトンで挑むのは不慣れ。
アルトだったら出来ることでも、バリトンに持ち替えると激ムズになるパターン。もちろん、その逆もあるのですが。


とにかく身体に染み込むまで、練習しないと音楽とは程遠い所にいるような気がするので、出来るだけリラックスした状況で演奏できるまで練習します。

そうすると今度は楽器の悩みが浮き彫りになり、これまた大変な課題が見つかってしまいます。


本気でやると、それだけ自分を知ることになり、それだけ課題が生まれ、それだけ頑張らねばならない現実を知るのです。


だから本気でやると、レベルアップするんですよね。

今日はとっても狭いお部屋だったせいか聴こえ方がリアル。優しさに包まれない。

2時間ほどさらって、腑に落ちないまま終了。また明日練習しよう。


僕のソロCD 「STORY」もアクタスにて発売開始!!
都内楽器店は、ドルチェ楽器でもお買い求め頂けます♪
よろしくお願い致します。
このブログからご注文頂いた方々にはどんどん発送しておりますが、まだ来ない!!なんて方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。


練習を終え、帰ろうとした時、僕の楽器の主治医の廿楽さんから「ビール飲む?」との悪魔の囁き。いや天使か。


お言葉に甘えて缶ビールを!
なぜに楽器店にビールが?
どうやら世界のナベサダこと渡辺貞夫さんが持ってきたものらしい。
ありがたくありがたく頂きました。
うまくなるなこれは!!ご利益ビール♪常温でもありがたや。

なんだかんだ喋りながら2本頂いていました。ごちそうさまでしたー。

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

キツネCD 第2弾!!

昨日帰宅すると6月にレコーディングしたサキソフォックスのCD音源が届いていました〜♪
 
キツネたちの熱演が…良い具合に弾け壊れています(笑)一作目よりもだいぶ壊れていて良い感じです。
 
 
またもや楽しいCDになっております。10月中頃に発売予定でございます。サキソフォックスファンの皆様、そんなの知らない方も、老若男女どの方にも楽しめるこのCDは理屈抜きに聞いて元気になってくださいー!
 
 サキソフォックスを知らない方は以下のURL へレッツゴー。
 
そのうち恐らく上のURLの方で、予約受付が始まるとおもいますので、是非ご注文下さいね♪確か先着何名様かに何かしら特典があったような、なかったような。
とにかく、楽しい楽しい第2弾よろしくお願いしま〜す!
 
 
 
ってムートンくんが言ってました。
 
 

| | コメント (4)

2011年8月 9日 (火)

Bリハ

今日はBカルのリハーサル。8月14日の小海公演が始まると今年度のBカルシーズンスタート♪

今年はBカル結成1年目に取り組んだ作品を掘り返しています。と言っても、当時は僕がソプラノ、國末くんがバリトンだったので、こうやって掘り返すと、かなーり新鮮でした。

あれは伝説の公演だったのだなぁと、今振り返るとそう感じます。2007年。


今の編成になってとても落ち着きました。サックスはどれでも吹けてしまうメリットがありますが、逆に誰が何を担当するのかが、とても重要になります。バランスというやつですね。
性格や音の傾向なども関係してくると思いますが、結成当時は探り探りで、ローテーションしながら、より良いサウンドとバランスを追求していました。

サックスが吹きたい!!という気持ちよりも、とにかくカルテットがやりたい!!という気持ちだったので、男気溢れた僕は、バリトンに決まった瞬間、「買ってくるわ!」と。(2008年5月位の記事を参照)

買わないと始まらないものですから、ウジウジしていてもダメです。借金してでも、必要なものは手にいれなければ、何も始まらないですから。

お陰様で、だいぶバリトンキャラになってきました。

学生時代なんて、バリトンやったことなかったですからね。人生何が起こるかわからないものです。

Bカル4人のバランスは恐らくこれがベストだとみんなそう思って納得した上で、ようやく室内楽団として落ち着いたわけです。


メンバー一同、アンサンブルに生き甲斐感じていますから、リハーサルもとても充実感があります。

そんなBカルは今年度は、長野、広島、鹿児島、熊本、大分、福島、宮城、徳島と廻ります。各地の皆様に良い音楽をお届け出来るよう、しっかりと準備をしていきたいと思います。


まずは小海公演、皆様お楽しみに!

| | コメント (2)

2011年8月 8日 (月)

歩く道

幼なじみから嬉しいメールが届きました。炭の博士である彼はどうやら長崎大学で先生をしているという。

彼とは小学校時代、一緒によく遊び、よく歌を歌い、よくケンカごっこをした、心許せる幼なじみです。

小学五年で転校してしまい、しかし今も繋がっている、考えてみれば奇跡的な関係です。

そんな彼が結婚式を行うそうで、その時僕のCDを使いたいとのメールが。


めちゃくちゃ嬉しい事です。

僕の周りには音楽以外のジャンルで活躍する仲間が沢山いて、そこにはかなりの刺激をもらっています。


共通することは、ポジティブ。根本的に思考回路がめでたい仲間が多い。
もちろん苦しい事や、悲しい出来事など、皆背負ってはいるのだろうけど、そこをどう乗り越えていくのか、という強さ(…というか考え方かな)を持っているのだと思います。


30歳を越えると徐々にみんなの実態が明らかになっていくので、20代頑張ったんだなーと、お互いに感心しながら飲んだり語ったり。


20代は20代の頑張り方、30代には30代の突っ走り方があると思います。

今日の頑張りは明日への栄養ですから。この積み重ねは果てしなくスゴいところへ続いているのではないかと思います。

その「スゴい」という事は、今思っているような事ではないとも思います。
だって、20代に思っていたスゴい事と、今思っているスゴい事は、既にずれてきているのですから。


真っ直ぐと思って歩いてきた道も、拡大したら、きっと軽く弧を描いているのではないかな。それは成長している証ではないかな。


ジャンルの違う僕たちのゴールはきっときっと同じ場所な気がします。

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

レコーディング

224527_2226366385165_1427954045_325

さて、今日は東京タワーの麓にあるレコーディングスタジオ「サウンドシティ」にてレコーディング。

とりあえず「アルトとバリトン持ってきてね~。」的な感じなのです。何をやるのか分からないので、この手のお仕事はドキドキなのです。ただとても楽しみなのも事実。

1時間半前にスタジオ入りし、音だし開始。

今日はサックスは一人ブース(個室)に入っての録音。辺りの様子をみるとどうやらオーケストラらしい。ブースから見える風景は指揮者とストリングスの皆さん。見えない壁の向こうに木管セクション、さらに向こうには金管の皆さん。しかしそこには誰がいるのかわからない状態。

ま、それがスタジオレコーディングなのですが、一人ブースはまぁ寂しい。

レコーディングはほとんど初見で行われます。ここで学生時代の膨大な譜読みの経験が役に立ちます。大体10曲くらい。まず1回通して、チェックして本番といった感じ。ちょっと練習なんて暇はありません。プロの現場はすごく刺激的で楽しいです。

・・・で、一体何のレコーディングだったかというと、10月から日テレ系で放送されるアニメ「ハンターハンター」のBGMでした。原作者の冨樫義博さんといえば、僕ら世代は「幽遊白書」です。ハマりました。音楽は平野義久さん。とても楽しく劇的な音楽でした。

オンエアが楽しみです。

| | コメント (2)

2011年8月 5日 (金)

幼なじみとしっぽり

昨日は赤羽の星美学園の中高生のレッスンへ。2時間休みなくレッスンしてしまったので、ぐったり。

聴いて、判断して、喋っての繰り返しですので、息つく間もないといった感じなのでしょうか。終わったら急に睡魔が…。

一日に一つの仕事にしているせいか、その仕事はかなり集中してるということで。

夜は幼なじみでもあり、CDのイラストを描いてくれた桜井くんと急遽集合。2月以来の再会。
やはり幼なじみは、理屈抜きで安心感があります。CD発売の祝杯をし、桜井くんの畑いじりの話やあの絵ができるまでの心境など、有意義なプチ祝賀会でした。

あの絵には愛情が詰まってますからね〜。


明日は六本木でレコーディングです。何だか某有名アニメの音録りらしいのですが、内容は知らされず…。


アルトとバリトン持ってきて〜と。


何やるんだろ…。
某有名アニメってなんだろ。
どんな曲なんだろ。


明日明らかに!!

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

それがBカル

今日は横浜赤レンガ倉庫で行われた、地域創造フェスティバルでのプレゼンテーションでした。

…の前に、みなとみらいホールで練習。綿密な打ち合わせをしてから、会場へ。

朝からキツキツなタイムテーブルで進行されているプレゼンテーション。制限時間をきっちり決められて進行中でした。

他のアーティストのプレゼンを少し見て会場の造りや雰囲気を確認。

そして、色々と変更。
因みに今回は本番前に音出し不可!!


そして、あっという間の本番。

普段とは違った空気の中でしたが、何とか終えました。
プレゼンって独特の雰囲気なんですよねー。
どこかBカル呼んで頂けないかな〜と期待して、祈ってます。


あぁ、もう8月かー。時間が経つのが早いですね。8月14日は長野の小海町で、Bカルのリサイタルです。
お盆真っ盛りですが、長野の皆様、今年は長野県では今のところ小海公演のみです。是非とも!
またご案内致します。

| | コメント (2)

2011年8月 3日 (水)

オペラシティ本番終了!

オペラシティ本番終了!
昨日は東京オペラシティコンサートホール(タケミツメモリアル)にて、クワチュール・ベーで本番でした。平日の昼間にも関わらず沢山の温かいお客さまに囲まれて、演奏することが出来ました。
皆様本当にありがとうございました。

今回のホール、東京オペラシティコンサートホール(タケミツメモリアル)には何回も行ったことはありましたが、本番は初めてだったので、本当に貴重な嬉しい体験でした。しかも、こんなに広い所で室内楽を!!

素晴らしい響きとはこの事!!

演奏にかなり集中することができました。

またこの場で演奏できるよう、祈りたいと思います。

さて、今日もクワチュールベーで本番。横浜赤レンガ倉庫で行われている「地域創造フェスティバル」でプレゼンテーションです。
15分の限られた時間内に我々の魅力をどう伝えるか…。


行ってきます!

| | コメント (3)

2011年8月 1日 (月)

【お知らせ】8月1日ソロCD「STORY」発売!!予約受付開始!

お待たせいたしました。ソロデビューCD「STORY」が8月1日に発売されます。

アマゾンなどでも予約が始まりましたが、こちらでもご予約承ります。

以下のメールアドレスに、ご氏名、ご住所、お電話番号を記入の上お送りください。

gentaro-koyama.80.saxo@nifty.com

こちらでご予約いただいた方全員に直筆サインをさせて頂きます。

¥2,800+¥350(送料)になります。

よろしくお願い申し上げます。

Nat105011

STORY | 小山弦太郎 NAT10501

8月1日発売  ¥2,800(税込)

感受性と構築力がもたらす、爽快な攻略感

音符から繰り広げた天真爛漫な空想世界を、多彩な音色と確かなテクニックで丁寧に組み上げた演奏は、音楽の形が目の前に現れたかのような聴き心地を与えてくれる。耳になじみよい小品や無調の大作、このアルバムのための委嘱作品など、サクソフォーンの金字塔的作品に溢れた一枚です。

深沢雅美 ピアノ

グリーティング・ソング(プロローグ) / 高橋宏樹

バラード / アンリ・トマジ

ソナタ op29 / ロバート・ムチンスキー

エレジーとロンド / カレル・フーサ

ママへの歌 / イヴ・ギシェール

カデンツァ / ルーシー・ロベール

オブリビオン / アストル・ピアソラ(啼鵬)

ガーネット・ゼロ / 高橋宏樹

グリーティング・ソング(エピローグ) / 高橋宏樹

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »