« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

秋川キララホールにて

今日はあきる野市の秋川キララホールにて、ズーラシアンウインドアンサンブルの本番で、僕のお友達のムートンくんが頑張りました。

久しぶりの吹奏楽公演で、とても楽しいひとときだったようです。
秋川キララホールは音楽専門のホールなので、とてもよく響き、最高の響きだったとムートンくんが喜んでいました。

ご来場の皆様ありがとうございました。これからもムートンくんをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

リフレッシュ

時間が出来た今日は、自転車で新座市の平林寺へ。観光スポットのこのお寺、散策地としてはこの時期最高の空間でした。
 
 
ほら、こんな素晴らしい紅葉と古い建物。
 
小一時間散策して、一人ボーッとしてみたり。夕方行ったので、また夕日が良い感じで染みる。
 
子供の頃嗅いだ、秋から冬へ変わる時期の匂いと、カラスの鳴き声、何もない風の音を感じながらの数分は、リフレッシュすぎました。
 
 
良い時間を過ごしました。
 
 
 
 
明日はあきる野市でキツネさんたちが頑張るようです。
 
 
 
  

| | コメント (2)

2011年11月25日 (金)

高崎へ。

今日は夕方から高崎へ。

大学4年生の頃からかれこれ10年近くお世話になっている、高崎健康福祉大学附属高崎高校(長い…)でレッスン。


最近のアンコンはポップスも多くなっっているのか、レッスンもクラシックでのアプローチはなく、ジャズの要素が多くなってきます。アドリブがあるわけではありませんが、なんと言ってもリズム、テンポの重要性です。


リズムが出る吹き方は確かにあります。音の出始めと、処理にポイントがあります。舌さばきと。

クラシックとはやはり雰囲気が違うので、変えなければならない事はあります。真逆の事をやらねば、それらしい音楽にはならないですし。


これだから奏法は1種類ではないのだと、実感します。

どんなことやったって、目的はその曲に合った音、フレーズ、ビート感です。頭の中でイメージかあればそれに向かうはず。イメトレってやっぱり大切な事です。

完成形がイメージ出来れば、完成したようなもんです。
頭でわかってても出来ない!なんてのは、多分実際には明確にはわかっていないのだと。

僕はそう思ってます。


「分かる!」のレベルが違う。


気が遠くなるほどの長い修行ですが、一つ一つ「分かる」まで、しっかり取り組もうと、僕自身も気持ちを戒めました。


益々イメトレ強化しよう!!

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

シエナ山脇公演

シエナ山脇公演
シエナ山脇公演
今日は山脇学園でのシエナウインドオーケストラ演奏会でした。やはり本番は皆さん素晴らしいテンション。
やはりプレイヤーですねぇ!
今回はお隣に昭和音大時代の後輩、完戸(ししど)君がアルトで参加。仕事では初めて一緒になりました。素晴らしいプレイヤーです!

お昼は写真の通り、またまた素晴らしいお弁当で、感激しながら頂きました。ご馳走さまでした。


久しぶりのテナー本番も感覚が慣れてきた頃に終わり。楽しかったと共に終わってしまうのがもったいないという感覚。


今度はいつテナーを吹くのかな。

| | コメント (2)

小編成シエナ@ 山脇学園

小編成シエナ@<br />
 山脇学園
今日はシエナウインドオーケストラのリハーサル。今回はテナーサックスでの参加。今日のリハーサルをしていて、自分が吹奏楽の中でテナーを吹いているのをふと客観視したら、楽器始めた時の事を思い出しました。

高校1年生の頃、僕はテナーを買ってもらって、楽譜も読めないまま初めての合奏でガチガチに緊張したあの時を思い出しました。

テナーを吹いた時の頭蓋骨に共鳴するあの響きは記憶を呼び覚ましてくれました。音が忘れていた感覚を思い出させてくれる感覚って、何だか嬉しいですね。

懐メロ聴いて青春時代に包まれる感覚。たまらんですね。

さて、今回は小編成27名のシエナ。個々の音がよく聴こえて面白いです。その中でどのようにアンサンブルするのか、この1回のリハーサルと、明日のゲネプロでよく把握して、本番のテンションでまた挑む。
これホント楽しい。

そして、この山脇学園でのコンサートに参加させて頂いて、とても嬉しかったのは、豪華なお弁当♪

昨年に引き続き、今年も今半のすき焼き弁当。昨年はパッケージのみの掲載でしたが、今年はその中身を公開!


ご馳走さまでした。

明日もより良い音楽が生まれますように。

| | コメント (2)

2011年11月21日 (月)

The SAX 50号!!

The SAX 50号!!
ザ・サックス50号が届きました♪
記念すべき50号!おめでとうございます。


僕が大学生の頃に創刊された、サックス吹きにはたまらん雑誌。それに自分が載るなんて想像もできませんでしたが、だいぶお世話になっております。ありがとうございます。

今回は【国内サックスプレイヤー大名鑑】に載せていただいています。
何だか、学生時代から切磋琢磨してきた仲間たちと共に、こういった本に載るのは感慨深いです。ホントに。


サックスという楽器から広がった人脈が、今の仕事につながり、それによって沢山の人達と出逢い、素晴らしい経験をさせて頂いております。

そういった環境の中、より良い音楽、音、フレーズ感などを追求することを本当に生き甲斐に感じます。

まだまだこれから新たな出逢いと、まだまだ音を磨いていきたいと思います。この本を読んでいたら、そんな気持ちが高まってきました。

今日はゆっくり休んだので、明日からまたアンテナ張り巡らせて、色々吸収しよう!
いかに感動出来るかという事も、それは上達の秘訣。
「感性が豊か」というのはそういう事もあるのでしょう。

明日はテナーです。

| | コメント (2)

2011年11月20日 (日)

富山市です。

今日は富山の婦中ふれあい館にて、音楽の絵本の公演。

ホールのスタッフの方々の対応が本当に温かく、みなさん素晴らしいサポートで、素晴らしく気持ちよくコンサートを迎えられました。ありがとうございました。

お客様も満席御礼で、ノリノリの皆さまに、動物たちもごきげんでしたねー!


ご来場の皆さま、沢山の応援ありがとうございました。
これからやっと帰京です!長い11月の旅も無事終了しました。
北へ南へ駆け巡りましたが、とても楽しく、充実した演奏旅行でした。

明日は久しぶりのオフ。ゆっくり休みます〜。

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

富山県砺波市です。

ということで、石巻より飛行機と電車とバスを乗り継いで約7時間、富山県砺波市に到着しました。

流石に長旅で昨夜はゆっくりお風呂に入りすぐに就寝。ホテル暮らしが続きます。

今回はサキソフォックスたちの公演です。楽しい舞台になりますように!!

富山は暑いです。20度あります。

奄美→小諸→石巻→砺波。
気温差激しい。

| | コメント (2)

2011年11月18日 (金)

石巻です。

石巻です。
2日前から石巻におります。
復興支援コンサートをさせて頂きました。
蛇田小学校4年生、渡波中学校吹奏楽部、最後は穀町幼稚園にて保護者の方々へのコンサート。

震災後皆さんの想いはそれぞれあると思いますが、皆さん笑顔で聴いてくださいました。
我々も言葉ではうまく言えない分、精一杯演奏させて頂きました。


今回は被害の大きかった海沿いも案内して頂き、その被害の大きさを目の当たりにしました。写真のそこには沢山の家があったはずなのです。津波は奥に見える橋の上までの高さに来たそうです。その時のお話も沢山聞かせて頂きました。

復興の道はとても険しいものだと痛感しました。

日本中、世界中の支援と共に、地元の皆さんの笑顔で東北が完全復活されることを願います。


我々も伝えていかねばならないことを伝えていきたいと思います。

頑張ろう!!石巻!!
頑張ろう!!日本!!

| | コメント (4)

2011年11月16日 (水)

小諸カルテット

小諸カルテット
今日も学校。
生徒たちは頑張ってます。成長しております。まだまだ伸びます。

人を感動させるには相当大変ですね。心を動かすにはどうしたら良いのでしょう。
沸き上がるリズムを生み出すにはどうしたら良いのでしょう。

沢山の研究課題がありますが、それは僕にとっても課題なのです。


放課後は部活のレッスン。もうアンコンの時期なのですね。時間がたつのは本当に早いなあ。
小諸のサックスパート、14代前は僕がここにいたのです。そう考えると時代は廻るなぁと。今年の小諸はカルテット。気合いはいってるみたい。


僕も高校時代のアンコンは昨日の事のように覚えていますが、もう14年も経つのか…。
僕の頃から考えれば、素晴らしくレベルアップです。とにかく楽しんで、音楽作りをしてほしいと思います。

頑張ろう♪

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

そして小諸高校レッスン。

秋です…。いや冬です。
昨日までの奄美は半袖の世界だったのに、長野県はそれはもう真逆の気候。雪はまだ降ってないですが、ストーブほしい季節。


身体は少し疲れ気味ですが、きっと僕は音楽が大好きなのでしょう、音楽が始まると夢中になって、疲れも忘れます。
しかしながら、音楽が中断したり、気持ち良くないと(練習不足[怒])、一気に疲れが襲ってきます。

これは一体どういうこと??


明日のレッスンもどうかみんながバッチリ練習して、音楽作りが出来るレッスンになりますように!!


今日は実家でレッスンをしたあと、テナーの練習。テナーまたまた久しぶり。夏ぶり。ぶりぶり。
楽器は吹かないと寝てますね。鳴るまでに少し時間がかかります。おもしろいなぁ。生きてるようですね。


一通り譜読みして楽器にも慣れて今日は終わり。


寝て体力回復です。

| | コメント (3)

2011年11月13日 (日)

奄美大島最終日!

奄美大島最終日!
奄美大島最終日!
奄美大島でのアクティビティと、集大成のリサイタルを無事終えました。

昨日のリサイタルでは地元の奄美大島の島唄若手名手、前山真吾さんとのコラボレーション、とても楽しかった〜。楽しかっただけでなく、僕は島の人間ではないのに、その魂をひしひしと感じて、真剣に伝統音楽の本質に触れた気がしました。
もちろんそれは感覚でしかないのだけど、それはそれはとんでもない空間でした。すごい!!

コンサートでは本当に多くのお客様にご来場頂き、そして、終演後のサイン会はなんと1時間以上も!!
島の皆さんは温かかった!

アリガッサマリョータ。
(現地のありがとうございましたの方言)

こんな経験をすることか出来たことに感謝です。そして、今回お世話になった奄美大島の河村さんには本当に感謝です。写真見てわかるように、正に島の男です。とても優しくて面白くて色々とお世話になりました。

こういう人との出会いは本当に奇跡だなぁ!


最後の最後で天気は晴れて美しい海が見れました。
そして、東京に舞い戻り、なんとなんと今からレッスンです。

まだまだ11月は凄まじいスケジュールが待っております。頑張るぞ!!

| | コメント (11)

2011年11月12日 (土)

贅沢な宴と本場の奄美大島紬

贅沢な宴と本場の奄美大島紬
贅沢な宴と本場の奄美大島紬
奄美3日目、島の皆様と楽しい宴と、そして音楽三昧の旅真っ只中です。

奄美大島は黒糖焼酎の本場!!こんなにも沢山の黒糖焼酎を並べて、少しずつ味見出来るのは、なんとも贅沢♪こんな絵面はなかなかないでしょう。全部黒糖焼酎です。
僕は高倉がお気に入りになりました。

そして今日のアウトリーチは大島紬会館にて、本場奄美大島紬を着てのコンサート。着物を着ての演奏は始めてでしたが、なんとも身が引き締まりました。
大島紬を作る気の遠くなる作業は伝承なしでは受け継がないものだと思いました。
クラシック音楽も何百年と受け継がれて演奏されてきていますが、それ以上に1300余年の伝統ある着物を着ての演奏、とても感慨無量でした。
大変貴重な経験をさせて頂き、感謝です。

明日はこの奄美大島滞在の集大成のリサイタルです。

こうやって音楽を通じて人との繋がりや、それだけでないその目では見えない大きな影響力を感じる事が出来て、この活動の意味を大きく実感出来たことが、とても有意義であり、幸せでした。


明日はまた頑張ろう♪

| | コメント (3)

2011年11月10日 (木)

奄美大島です。

奄美大島です。
あいにくの雨。
南国奄美大島にきております。

誰ですか雨男は。

今日からアウトリーチが始まります。今回は小学校、中学校、大島紬会館、商店街の4箇所のアウトリーチを行い、最後は奄美振興会館にてリサイタル。
地元の島唄若手名手の前山真吾さんともコラボレーションもします。
サクソフォーン四重奏と三味線と島唄、どんなサウンドになるでしょうか。

この期間晴れることを祈って、南国奄美大島を満喫します。

それにしても、東京、長野、鹿児島の気温差が激しい…。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

続、出来た弟子たち

続、出来た弟子たち
昨日の泡盛おみやでテンションが上がったまま、今日のレッスン。


おみや畳み掛け!!


「私はおつまみを♪」


パーフェクトです。
なんて素晴らしい弟子たち♪
愛すべき弟子たち♪

本当にありがとう〜♪

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

修学旅行のおみや

修学旅行のおみや
今日は小諸高校。
学校に着くと隣のレッスン室では、シエナで昨日までご一緒だったフルートの西田先生も既にレッスンされてました。いやーお疲れ様です。皆さん日本全国で演奏活動しながら、学校で頑張る若人を熱血指導してるのです!

昨日まで兵庫、今日明日は小諸。そしてなんと、明後日からはクワチュール・ベーで奄美大島へ。11月は驚くべき旅続き。僕としては前代未聞。体調管理をしっかりしないと。マスクして寝ます。


旅と言えば、今年も2年生は沖縄へ修学旅行へ行ってきたそうです。みやげ話は明日ゆっくり聞くとして、早速おみやを頂きました。

今年はすんごいの頂いてしまいました。

泡盛!!!!

よく買えたね(驚)大丈夫だった??などと心配してしまいました。

だって高校生なのに!酒!!


心配無用。どうやら、お店から家に送ったようです。


ていうか、なんという気配り!!
素晴らしいぞ!!

という事で高校生に泡盛を持たせ記念撮影。大人になったら一緒に飲もうな〜。


いつもながら、おみやを買ってきてくる生徒たち。
なんて可愛い子達なのでしょう。


ホントありがとう!サイコーだ!!

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

シエナ兵庫ツアー終了!

シエナ兵庫ツアー終了!

今朝は早起きして朝の散歩。福知山城とホテルの往復約1時間。
ゆっくり朝食を頂いて、ホールへ。

今日のホールは和田山ジュピターホール。終わってしまうのが寂しい気もしましたが、とにかく音楽に集中して、細部まで味わう♪


ニューバリトンサックスも無事デビューを果たし、調整すべきポイントがいくつか見つかりました。
これから更なる完成度の高い楽器へ!!


それにしても今回は移動が長旅です。終演後、15分でバスに乗り込み、さんざん電車に乗ったのに、まだ京都。京都素通りするのがもったいないですが、帰らないと。
明日は小諸でレッスンです。
この11月は旅三昧。体力つけて全ての公演を成功出来るよう、頑張ろう!!

| | コメント (3)

2011年11月 5日 (土)

兵庫です!

兵庫です!
シエナウインドオーケストラのツアーに参加させて頂いてます。

今日は兵庫のたんば田園交響ホールにて本番でした。


今回はチャイコフスキーの白鳥の湖や、ガーシュインのラプソディーインブルー、バーンスタインのシンフォニックダンスなど、盛り沢山。
本番の良い緊張感と、それぞれのプレイにしびれたー!

開演前にホールの周りを散歩していると、「篠山デカンショ」なるものを発見。どうやらお祭の名前のようで、CDも売っていました。

何故この名前に食いついたかというと、小諸の方はお気付きでしょう。
小諸には「小諸ドカンショ」というお祭があります。
ちなみに小諸のお隣、旧北御牧村には「みまきドカンコ」なるお祭が。


似たような名前の祭が日本には沢山あるのかも。なんだか急に親近感がわきました。

明日は和田山ジュピターホールです。終わってしまうのがもったいないですが、シエナしっかり味わいます〜。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

バリトン2 代目

バリトン2<br />
 代目
とっても前から気になっていたバリトンシリーズ3。

買えるものなら、今すぐ買いたい!!と神様に懇願していたところ、急に話が進み、なんと手に入れました、シリーズ3のバリトンサックス。
アレを売ってコレも売ってと。手配して下さったドルチェ楽器さんには感謝です。
買えるとは思ってなかったから、急な出来事に、このチャンスは逃せない!!と直感。


バリトンサックスを始めて3年半、だいぶバリトン吹きの気持ちが色々と分かってきましたが、それと同時に楽器に対しての不満はたまっていきました。

「まっ、バリトンだから…」

と済まされるのがなんとも腹立たしい。出来ない事が多い分、可能性があるのですが、楽器的に限界??と思っていた時のシリーズ3登場。

ジュビリーになってから、だいぶ落ち着いてきた気がします。

レスポンスがとにかく良い。タンポの密着性が良くなったのか、とっても反応が良いので、従来のバリトンより小回りがききます。また、低音low C#以下の音質が統一。高音サイドキーの音程も許容範囲。
明らかに低そうに聴こえる低音域が、しっかりまとまるため、とても使える音域に。


そして、レガートが面白いくらい繋がります。


技術者の方々には頭が下がります。
21世紀のバリトンサックス完成!!
とでも言ったところでしょうか♪


僕のバリトンに対しての希望はアルト吹くみたいにコントロールしたい!!ということ。この楽器はアルトの延長線上でいける♪

ベースラインはもちろん、メロディを吹きたくなるような楽器ですね。


これからバリトン吹くのが、もっと楽しくなりそうです。

まずは今日のシエナウインドオーケストラのリハーサルで実践!
久々のシエナ楽しみ〜♪

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »