« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

さいたま市でシルクでした。

さいたま市でシルクでした。
さいたま市でシルクでした。
昨日はさいたま市桜区でクインテット・シルクでコンサートでした。
会場は満席!!このコンサートシリーズが市民の皆さんに定着している証拠ですね!素晴らしいことです。

お客様も温かく、会場の雰囲気はとても素晴らしい空間でした。

終了後は國末家で打ち上げ。最高でした!

| | コメント (1)

2012年3月27日 (火)

シルクランチ

シルクランチ
シルクリハーサルを終えたあと、久しぶりに5人揃ってランチ。
何年ぶり??
みんな忙しくなって、なかなか時間が作れなくなったのは、嬉しくもあり、寂しくもあり。


こういう時間は大切だなぁ。色々他愛もない話をし、ただ単に時間が過ぎました。シルク結成当時は、この時間が楽しくて、いつも群れをなしてファミレスや居酒屋で夢を語っていたなぁ。

みんなそれぞれで活動をし、シルクとしてまた集まれるのは、とても大切な財産です。これからも細く長く、いつまでもみんなでサックス5重奏を演奏していこうと思います。

| | コメント (0)

鎌倉でした。

昨日は朝から鎌倉へ。平日だったことを忘れ、ラッシュのもみくちゃ電車でいざ出発。もう曜日感覚ないっす。
キツネさんの本番だったのでした。
今回の鎌倉公演はなんと!3階席まで満席のチケット完売!!
沢山のお客様でいっぱいでした。
ご来場の皆さん、本当にありがとうございました。
ムートンは今回も張り切っていましたよ〜。

さて、今日はこれからシルクのリハーサルです。明日さいたま市桜区でのロビーコンサートがあります。シルクは結成7年、5重奏の難しさが楽しさに変わりつつあります。

より良い音楽が生まれますように!

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

気分転換

気分転換
気分転換
コメント沢山くださり、皆さまありがとうございます。嬉しく読んでますので、返信はしばらくお待ちくださいませ。お待たせしてすみません。

今日は天気の良い日のオフだったので、しかも日曜日!これは自転車でどこか行くしかない♪

ということで、いつもの狭山湖まで自転車でぶらぶら。ゴールの狭山湖で食べるおにぎりが格別!!


広々した風景は開放感でいっぱいです。気温も段々春らしくなって、いよいよ新生活が始まる雰囲気満載。

良い気分転換になり、頭の中もスッキリ。まだまだ3月張り切って頑張ろう♪

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

高松なう。

今日は朝からイベール吹いてから、車で羽田空港へ。初体験!楽だなぁ。

連日の移動と本番で身体がバキバキのため、空港のマッサージチェアに20分横たわり、身体をほぐす。

そして元気満タンで香川県へ!
明日は丸亀市でキツネさんたちの公演です。


早くうどん食べたいな〜。

| | コメント (4)

第5回門下発表会@小諸高校

第5回門下発表会@小諸高校
今年で5回目を迎えた小諸高校小山門下発表会。5年も続けば恒例です。素晴らしい生徒たち。

今年もOBの音大生も助っ人で駆けつけてくれて、さらにはお客さんも沢山で、2時間のモリモリコンサートになりました。
高校生としては、本当に本当に大変な事だけど、それをやろうとした気合いは素晴らしい。行き届かない部分は沢山あるけれど、これは第一歩です。
失敗を成功にかえれるのは、経験ですからね。

先生や先輩から沢山の意見をもらい、自分に何が足りないのかを知ることが大切。それが出来るようになったら伸びます。待ってては何も得れません。積極的に勇気をもって、これから前進してほしいです。


4月から進級し、新たな生活が始まります。仲間と切磋琢磨しながら、楽しくサックス吹いて、音楽から様々な要素を自分の中に取り入れて、更なる成長を期待します。

今年度も1年お疲れさま。
高校生って吸収力すごいね!

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

リヴィエ終了。

リヴィエ終了。
一昨日20日は小諸高校音楽科の演奏会でした。
僕も講師演奏で出演。トランペットの神代修先生とピアノの寺田智子先生とご一緒させて頂きました。

良い緊張感でした。
みなさん、お忙しい中3回も合わせができ、安心して本番を迎えました。
リヴィエのこの作品は演奏される機会が少なく、とても貴重な経験でした。
トランペットとサクソフォーンとピアノが混ざった音色はとても心地好かったです。スーパープレイヤーのお二人との共演はアンテナ張りまくりの、本当に楽しい一時でした。終わるのが惜しかったです。

今日は小諸高校の門下発表会。これも5回目。素晴らしい。

| | コメント (1)

2012年3月11日 (日)

尾道ガラコン終了!

尾道ガラコン終了!
尾道のガラコンサート、無事終了しました。スーパープレイヤーとの共演はとても刺激的で、得るものがとても多かったです。

より深く、より楽しく、難解をより明解に!!
これからまた新しいクワチュールベーが生まれる感じがしました。メンバー各々が何か震える野望を感じたような気がしました。もちろん僕も。


今日は震災から1年の日。みんなの想いを一つにコンサートを開き、共有できたこと、音楽家としてこういうことしか出来ないけれど、でもそれが出来て良かったです。

一日も早くの復興をお祈りします。もっともっと元気に!音楽もそれに協力が出来るように!これからもいつまでも演奏し続けたいと思います。

ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

みなさんホントブラボー♪

| | コメント (3)

【お知らせ】3/11(日)クワチュール・ベー@しまなみ交流館(広島県尾道市)

尾道市でのアウトリーチ活動の集大成。

今年度の1年間、中川賢一さん(ピアノ)、大森智子さん(ソプラノ)、田村緑さん(ピアノ)、クワチュール・ベー(サクソフォーン四重奏)が尾道市の各所をアウトリーチさせて頂きました。

最後にアーティスト全員が集まり、ガラコンサートです。豪華!!

音楽によるまちづくり「ガラ・コンサート」

[出演]
中川賢一(ピアノ)
大森智子(ソプラノ)&田村緑(ピアノ)
クワチュール・ベー(サクソフォーン四重奏)

[プログラム]
スペイン/シャブリエ(中川賢一&田村緑)
月の光/ドビュッシー(中川賢一)
ボレロ/ラヴェル(クワチュール・ベー)
着飾って、きらびやかに~オペラ「キャンディード」より/バーンスタイン(大森智子&田村緑) ほか

2012年3月11日(日)

開場13:30 開演14:00

会場:しまなみ交流館

一般:¥2,000  学生¥1,000 全席自由*未就学児の入場はご遠慮ください

問い合わせ:しまなみ交流館(0848)25-4073

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

青森にて

青森にて
青森、妻の実家で息子と対面。
可愛いですなぁ。まだ産まれて1ヶ月も経っていないですよ。
市役所で色々な申請をして、保険証もらって、保護者の欄に当然僕の名前が書いてありましたが、そこで親になったのかと実感。住民票にも息子の名前が入り、いよいよ新生小山家発足!

家族って素晴らしい。


青森でももちろん練習です。
以前お世話になった青森市文化会館の田澤さんにワガママ言って、練習場所をご用意頂きました!
ここ最近になく集中した空間でみっちり楽器が吹けました。3月は盛り沢山ということもありますが、来年度への準備という感覚もあります。
野球選手がシーズンオフの自主トレするかのような。

午前中は息子をあやして、午後は練習、夜は毎晩晩餐。いいなぁ。こういうの忘れてましたよ。
賑やかに家族で夕食なんて、当たり前なのかもしれないけれど、当たり前ってホント素晴らしい。


これから、お父さん頑張るよ!!
しばしのお別れ、明日は広島県尾道へ。

| | コメント (2)

2012年3月 6日 (火)

小諸でした。

大分から帰京し、休むまもなく小諸へ。レッスンだらけのこの二日間。

まずは東御市の田中小学校へ。子供たち一生懸命吹いていて可愛かったなぁ。しかし、音楽の要求は妥協せずに、二時間みっちりレッスンさせて頂きました。理想を持って沢山練習してほしいですね!

そして小諸の実家で個人レッスン。
受験生も部活のサポートとしてくる生徒もみんな同じく音楽の要求は惜しみません。だから沢山練習してくればくるほど、得るものは大きいのでは??と思います。
みんなそれぞれの完成度で来てくれますが、その理想の完成度のイメージをどんどん良くしてほしいなぁと。


夜9時までみっちりレッスンの後は、自分の練習。3月は色々な本番があるので、しっかりと準備しないと間に合わない!どーしよー!!

なんてことにならないように、既に1月から計画的にかなーりコツコツ練習を進めていました。学生時代なら1週間で出来たであろうものも、今の生活だと、1ヶ月は完成までに費やします。結局学生時代の1週間の練習量が、今の僕の1ヶ月ということか…。楽器はほぼ毎日吹いてるけれど、一人でしっかりと集中した練習はそういうことになりますね…。

今の状況で練習時間を少しでもとって、質の良い練習をしていこうと思っています。


今やっている練習は何かというと、リヴィエのトランペットとサクソフォーンのドッペルコンチェルト。
この曲の存在は前から知っていたけれど、初めて音を聴いたのは、雲井先生と神代先生のそれでした。


…でその神代先生との共演なのです。超光栄!!
地域創造のアーティストでもあり、事務所も同じで、CDのレーベルも同じという小諸の先生。 この偶然は必然?

小諸の居酒屋で、お酒の席でご一緒にさせていただいた時に、
「リヴィエやろーよ!!」
との鼻血ブーもののお誘いを頂き、ノーなわけがありません。

そんないきさつがあり、3月20日に長野市のホクト文化ホールで小諸高校音楽科の選抜演奏会で、講師演奏として演奏させて頂きます。

という本番の初リハを昨日午前中に和気あいあいとやらせて頂き、午後は夜までレッスン。

毎年恒例の小諸高校の門下発表会の準備が進んでいます。もうしっかり4回目の開催。生徒のやる気を感じます。

今年の受験生も無事合格が決まり、一回り大きくなった姿で後輩に希望を与え、最後の本番を取り組んでます。こうやって、生徒の目に見える成長は、教師としては最高の喜びだなぁ。

からの、東京帰宅からの、青森へ。

ようやく息子に会えます♪
やっほー。

| | コメント (2)

2012年3月 4日 (日)

九重町おんかつ終了!

九重町おんかつ終了!
九重町での公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)が無事終了しました。
と共に、我々クワチュールベーにとっても最後のおんかつが終わりました。

おんかつは、現地スタッフと、コーディネーター、サブコーディネーター、アシスタント、アーティストが一つのチームになって、とっても支えられながら演奏させて頂く事が出来る、本当に贅沢で、その分かなり徹底したアクティビティやコンサートが展開でき、地域をあげての音楽活動になるので、改めて【音楽活性化事業】なのだと実感しました。

何より嬉しいのは、僕らの音楽で、その地域の方々が最高級の笑顔になることです。スタッフのみなさんの準備は本当に大変なことだと思います。その宣伝活動と、現地の視察、演奏環境の整備など、本当に感謝致します。

お客さんにとっても、演奏家にとっても良い環境を整えてくださることで、コンサートの心地よさは全くかわります!

今回も九重文化センターの後藤大さんはじめ、多くのスタッフの皆さんの好サポートによって、充実したコンサートになりました。
こうやって、地域に密着した音楽活動は、別れがとても悲しいですね。
九重町の皆さんも、町長さんはじめ、皆さん温かく、また行きたい場所になりました。

昨年はお隣の玖珠町にお邪魔しましたが、その時に来てくださったお客さまも沢山いらして、とても嬉しかったです。

こうやって、繋がりが続いていく事は、この事業としても、また自分の人生の中でもとても素晴らしいことだと思いました。


今後この事業の関わりとしては、おんかつ支援アーティストとして、今度は現地スタッフとアーティストだけで、作っていくことになります。このおんかつの経験をみんなで活かして、これからも良いアイディアを出し合いながら、これからも良いアクティビティやコンサートが展開できると良いなぁ。


今回は夕方にコンサートを終え、慌ただしく帰京。17:00にホールを出て、22:30には自宅。近いのね。大分県。


明日は昼から長野で仕事…。
この疲れをいち早くとらなくては!身体のケアが大切だと感じます。

明日も頑張ろう!!

| | コメント (1)

2012年3月 3日 (土)

【お知らせ】3/3(土)クワチュール・ベー@九重文化センターホール(大分県九重町)

昨年伺った玖珠町のお隣、九重町でのコンサートです。

「”ここのえ”夢でつながるコンサート」

2012年3月3日(土)午後2時開演(午後1時30分開場)
会場/九重文化センター・ホール
(九重町大字後野上 九重町役場斜め上・九重ICより車で5分)
 一般 1,500円   高校生以下 500円
チケットは九重文化センター及び町内地区公民館、くすまちメルサンホールで販売中。
*遠方の方は九重文化センターまでお問い合わせください。
~プログラム~
◇ラヴェル:ボレロ
◇イトゥラルデ:小さなチャールダーシュ
◇あなたの拍手で曲が決まる!!
クワチュール・べーが贈る夢の音楽おもちゃ箱“べーかるぼっくす”  他
*内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。
お問い合わせ:九重文化センター(℡0973-76-3888)
主催:九重町、九重町教育委員会
共催:財団法人 地域創造
制作協力:社団法人 日本クラシック音楽事業協会

| | コメント (3)

2012年3月 1日 (木)

大分県九重町です。

昨日から大分県九重町に滞在しています。地域想像の音楽活性化事業(おんかつ)で来ています。
我々クワチュール・ベーは平成22、23年度の登録アーティストとして、愛媛県上島町、長野県箕輪町、和歌山県上富田町、大分県玖珠町、熊本県菊陽町、鹿児島県奄美市と6ヶ所でアウトリーチやリサイタルをやらせて頂き、今回大分県九重町が今年度最後の滞在場所になります。

これまで様々な場所で演奏させていただき、多くの方々とお会いしてきました。本当に素晴らしい経験で、音楽のエネルギーを知ると共に、自分が演奏家としてのふるまいであるとか、気持ちであるとか、そういう音楽家の根本を現場でしっかりと見つめ直すことができました。
毎回感じることは違いますが、同じ現場は一つとしてなく、今そこにいる人たちのために、今音楽で何ができるのか。
一人では思いつかないことも、仲間と知恵を振り絞って考えることは大切で、それに演奏のクオリティは更に大切で、その作業は相当な労力と忍耐力とひらめきを使いますが、毎回僕らにとっては生き甲斐です。


今年度最後の【おんかつ】、九重町の皆さんと音楽で、何かを見つけてきたいと思います。

| | コメント (1)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »