« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

黒姫高原でコンサート

黒姫高原でコンサート
土曜日は黒姫高原のペンション、バディーハウスの25周年コンサートでした。20周年コンサートも5年前にお引き受けいたしましたが、光栄にも今回もこの温かな雰囲気でのコンサートを仰せつかり、大変幸せでした。

童話に出てくるような森の中にあるペンション、暖炉があり、暖かな照明と、近い距離にいるお客様とのアットホームなコンサートは今年もとても素晴らしい空間を生んでくれました。

5年前に僕のサックスを聴いて、サックスが好きになったという方もまた来てくださり、感激でした。サックスやってて良かったと思いました。

コンサート直前、小諸高校の生徒から、コンクールで2位入賞との連絡があり、自分のことのように嬉しかった!生徒から素晴らしいプレゼントをもらったところでのコンサート。やる気は倍増でした。

結果は自信につながり、自信は魅力を生んでくれると思っています。
益々頑張ってほしいと思います。

生徒から得るものがあります。僕も沢山の良い影響を与えられるよう、沢山努力を惜しまずやろうと思いました。

またがんばろーう!!

| | コメント (1)

2012年10月26日 (金)

久しぶりのお休み

久しぶりのお休み
久しぶりのお休み
今日は急きょお休みになり、家でまったり過ごしていて、そーいえばこーいうのは久々だなぁと思い、スケジュール帳をみたら、なんと、9月末のリサイタル以来、休日がなかった…。

高松で行った整体が効いたのか、あまり疲れを感じず元気に過ごしていたので、忘れてました。つくづく体調管理が重要なんだなぁと感じました。

思いがけない休日をゆっくり子供と戯れました。夕方から練習をじっくりして、明後日の本番に備えました。

ところで、最近トランペットを始めました。心優しいトランペット奏者、久良木さんがポケットトランペットを貸してくださいましたー!いぇーい!!ポケットトランペットかわいい!!


何かヒントを得たい一心で、金管をかじってみようと。


もうね、スゴい難しい。
ありえん。
借りた初日はバリバリさらってみたけど、こりゃ到底無理だ。段々ヘタって下手になる(笑)
だから1日10分くらいのチャレンジで、頑張ろうと思います。
サックス奏者がトランペットを練習したら吹けるようになるのか。
トランペットから何かヒントが得られるのか。数ヶ月続けてみよう。

久々の休日は充実の休みでした♪
明日からまた頑張ってこー!

| | コメント (1)

2012年10月14日 (日)

QB 88ステージ公演終了!

QB 88ステージ公演終了!
盛り沢山の88ステージ(香川県丸亀市)公演が無事終了しました。
客席は満席。本当に幸せでした。このステージも今年で4回目でしたが、リピーターの方も多く、感激です。遠くは栃木から、そして四国全県から遠路はるばるいらしてくださり、本当に感無量です。

この二日間身体を整えることをしてみました。
こんな身軽な本番は久しぶりで、集中力も劇的にアップ。
スポーツ選手と同じように、これから身体を整えることを大切にしようと思いました。

まだまだ若いと言えども、この移動だらけの生活は身体が固まりますね。年末にむけてのコンサートシーズンをしっかりと良いコンディションで迎えようと思います。


さて、これからキツネさんの応援に駆けつけます。今日は香川県三木町!

| | コメント (2)

2012年10月12日 (金)

高松へ

高松へ
高松へ
高松へ
奄美から帰京し、小諸高校へ。奄美から一転、小諸さむっ。長袖です。
レッスンだらけで、一人一人と向かい合うこと11時間(もちろん二日に分けて)、疲労感でいっぱいですが、二時間かけて帰宅。車の中ではいつも通りイメトレ。
帰宅後、バンドジャーナル11月号が届いていました。今月は【音色について】です。今回は図面はなく、文章だらけですが、よろしくどーぞ。

来月号の校正も終え、早くも1月号の原稿を仕上げていきます。ところが、1月号と2月号のネタを入れ替えて書いてて、oh!No!!アウチ!ヒデブ!!
という状態で、ひとまずやめ。

昨日は朝から一日生徒が合わせや、レッスンをしに来宅。慌ただしかったけれど、楽しかった♪
久しぶりに生徒たちとカルテット。僕は久々のソプラノでのカルテット。更にはおニュー楽器なので、すごく新鮮。妥協せず良いサウンドを創りたいなぁ。


夕方から息子とたわむれる。


そして今日は高松へ。飛行機で約1時間だから近いなぁ。北へ南へ、気候の変化に負けないで、良いコンディションでいつも演奏出来るように調整しないと。

【以下写真の説明】
①羽田空港でマッサージチェアでくつろいでいる時の外の風景。
②下りエスカレーターに乗った瞬間、「おかえりなさい」の看板に気づき、ケータイのカメラを起動してギリギリ間に合ったショット。
③本日の宴会後の太鼓の達人大会。


明日はコンサートです。
がんばろー!!

| | コメント (3)

2012年10月 7日 (日)

奄美最終日

奄美最終日
無事にリサイタルin奄美を終え、今回の奄美での活動を終了しました。
南の島の人々は最後の最後まで温かく、チームとして一体感のあるアクティビティでした。
リサイタルでも多くのお客様に囲まれ、集中力の高い空気感を共有できたと思います。島唄の名手、前山真吾くんとのコラボも、昨年よりも気心知れた仲になっただけの事もあり、リハーサル1発でしっくりきました。不思議。
本番も楽しかった〜!

サイン会も本当に沢山のお客様に並んで頂き、感激でした。皆さんの感想を直に聞くことができて嬉しかったです。

その後は大盛り上がりの打ち上げ。島の皆さんの明るさは本当に元気になる!素晴らしいです!
その盛り上がりは深夜3時まで続き、名残惜しく解散。

島には「さよなら」と言う言葉はないんですって。だから、「いってらっしゃい!」とお見送りをして頂きました。また来年もいけそうですし!


コメント下さったみなさん、読んでますからね!ありがとうございます♪また帰ってきますね!奄美大島サイコー♪


皆さん、本当にありがとうございました!

| | コメント (4)

2012年10月 6日 (土)

奄美3日目

奄美3日目
奄美3日目、今日のアウトリーチは赤木名中学校と大島高校。
奄美の子達は本当に良い子で、ピュアで、演奏中に、「いやー、子育ては奄美だな。」と本気で思ったくらい。

こんなにも純粋な子達が育つのは、純粋な大人のおかげなのですね。先生方がおおらかで、笑顔で、さらには素直な先生方でした。
もうね、大人と子供が助け合って生きている環境で、良い意味で対等で、これぞ本来の姿というものを見させて頂きました。


ありがとうみんな。
どうか今の当たり前の気持ちを忘れないでね。

僕もこれから子供たちに良い影響を与えられる素直な大人目指そうと思いました。ホント。あらためて。


生徒を大切に厳しく、優しく、育てていくということを、改めて教えていただきました。

みんな良い顔だー!

| | コメント (4)

2012年10月 5日 (金)

奄美二日目

奄美二日目
奄美二日目
奄美のアウトリーチ初日は朝日小学校と名瀬中学校。奄美の子供たちはとてもピュアで、真剣に参加してくれて本当に良いアウトリーチになりました。僕たちの演奏で涙してくれる生徒もいて、本当に嬉しかったです。

奄美に来て今まで使っていた3番のリードが柔らかすぎて、3半を買いました。新たな吹奏感。新たな音質。
なかなか良さそうな感じです。リードの番号はホント行ったり来たりです。これは何かが変わりつつあるときの予兆だと感じています。良い方向に行くと良いなぁ。


それにしても10月だというのに、奄美はもうすぐ夏休みが終わりそうな、そんな気候。夕焼けもきれい。切ない夏の終わりプンプンです。

さて、明日もアウトリーチです。子供たちにはもちろん、自分たちにも訴える音楽が生まれますように。

| | コメント (1)

2012年10月 4日 (木)

今日から奄美大島!

今日から奄美大島!
時間はどんどん過ぎていきますねぇ…。あっという間にクワチュールベー奄美ツアーが始まりました。

今年も奄美に伺えて本当に嬉しい!
南国の皆さんの明るさは本当に楽しく迎えてくださり、楽しい時間です。
狭き日本といえども、血が違います。面白いですねー♪


今日は地元のラジオに生出演。約20分の生放送でした。昨年も出させて頂いたのですが、こういうのとても楽しい時間です。

明日からアウトリーチが始まります。今回は小学校、中学校、高校の学校訪問です。楽しみです。
みんなに沢山の刺激を与え、与えられるアウトリーチになりますように。


2年目の奄美。良い滞在になりますように。

| | コメント (1)

2012年10月 1日 (月)

江戸川公演

台風が迫っている中、今日はキツネさんで江戸川区文化ホールにて本番でした。
今日の皆さんのプレイは最高で、とても楽しく、ハジけました。
ここ最近はソロでアルトとテナーばかり吹いていたムートンくんは久しぶりに(といっても1週間ぶりか…もっと昔のような気がします…)バリトンサックスを吹いて、またまたアンサンブルの魅力を堪能していました。


色々な楽器との音のブレンドをしていきたいなぁ。素晴らしいプレイヤーと音を混ぜられる事はホントたまらんですね。


台風が関東上陸前に、逃げるように帰宅。今日は移動中にずっと先日のリサイタルの録音を聴いて反省会。
本番の時に感じていた成功や失敗を、客観的に録音で聴いても同じように感じていれば、それはそれで素晴らしくOKな感覚なのですが、良いと思っていたものが悪かったり、悪いと思ったものが良かったりという感覚は客観的に聴かないと見つからないので、 録音反省会はとても大事なことです。

たっぷり反省をしたら、次へ進むだけですね。明日は再び小諸高校へ。頑張る生徒には頑張る先生が釣り合う。だから頑張る!

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »