2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コンサート情報

  • サキソフォックス
    詳しくはhttp://www.superkids.co.jp/ehon/index.htmlにアクセス!
  • Quatuor B
    ◆2017年 12/1登米市 12/9和気町 12/19上田市武石公民館 12/25東京文化会館 1/13上富田 1/20上田市サントミューゼ  詳細は記事にて随時お知らせ予定です。 ※随時更新いたします。

CDのご紹介

  • サキソフォックスのおまちかね
    これまでに参加したCDです。アマゾン等でも購入できます。よろしくお願いいたします。

レッスン、公演等、お問い合わせ

  • レッスンのお申し込み,演奏依頼等のご相談は以下のアドレスにお問い合わせ下さい。 gentarokoyama.80.saxo@gmail.com レッスンの場合は以下の項目を添えてお申し込み下さい。 ・お名前: ・ご住所: ・電話: ・携帯電話: ・メールアドレス: ・所属(学生なら学校名、学年をお書きください): ・経験年数:

« 車内音楽鑑賞会 | トップページ | 師走の慌ただしさで見失わないようにしましょう。 »

2012年11月29日 (木)

母の決断

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っている母ですが、とうとう気管切開をし、人工呼吸器をつける決断をしてくれました。これによって声は失います。しかし、長く生きる事が出来ます。


ギリギリの状態で既に自発呼吸が出来ない程の進行で、この病気の特徴通りの進行でした。

10万人に1人の発症難病で、発症2〜3年で呼吸筋が麻痺し、亡くなってしまい、その治療法は現在はないのです。
根治の治療法はないものの、今年になって、そのメカニズムが解明されたり、IPS細胞によっての研究も加速されているようで、未来はきっと明るいのではと期待する一方、患者さんには時間がないのです。
気管切開をし、延命をする人は全体の30%だそうで、みな自然死を選ぶといいます。

母もその一人だった。発症当初、喉は切らない!そのまま逝きたいと公言していたが、病状が進むにつれて、その苦しさは壮絶なものだった。

2年もの間寝たきりで、精神的にもかなり滅入っている母だが、その決断は生命力の塊だと思います。
「死」を待つ2年は苦しさを味わうものだったに違いない。しかし、これからは生きるという希望を持って、病気と戦う時がきたと思っています。


この決断は周りから見たら、すごく大変に思われるけど、やはり生きてくれる事は何よりも嬉しいこと。生きていてくれれば、喜び悲しみは共有できる!僕はここ最近で本当に嬉しかった。


生命のあるものは死に向かっているものだとしても、死を待つのはやめだ!!

母の決断は家族みんなを明るくさせ、生命力を感じさせてくれ、やる気を与えてくれました。


本当にありがとう!

|

« 車内音楽鑑賞会 | トップページ | 師走の慌ただしさで見失わないようにしましょう。 »

コメント

お母さん幸せですね。こんな素敵な家族、なかなかいないと思います。この病と戦っているお母さん、又ご家族の皆さん、お身体に気を付けて頑張ってくださいね。

投稿: | 2012年12月 8日 (土) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車内音楽鑑賞会 | トップページ | 師走の慌ただしさで見失わないようにしましょう。 »