« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

イメージとソルフェージュ!

最近とても大切だと実感することが、ソルフェージュ。我が母校桐朋学園大学はそのソルフェージュ教育にとても力を入れています。そう。大切な事は学生時代に教わってきたのです。

しかし当時の僕はバカだったから、しかもソルフェージュ苦手だったから、意識的に避けてた。

ここ数年、頭を良く使って演奏しようとしています。

演奏する際は頭だけで充分だ!

とよく言われてきた。意味がわからなかったけど、痛いほどわかってきた。

歌うように!!

という名文句も、本当の意味がわかってきた。
歌うようにやればいいのですね。そのままなのです。

しっかりとした声でしっかりとした音程を掴もうとすれば、喉のポジションだって安定するから、例えばひっくり返りにくくなる。むしろ、ひっくり返ることを考えなくなる。

高音で張った時も、音程が無くならなければ、良い音質で許容量を超えにくくなる。

この普段やっているようでやっていないソルフェージュ。聴音が出来ないからソルフェージュは苦手と思っている人が中にはいるかもしれない。

あれは訓練です。

歌だって訓練。最初から完璧なのは天才ね。


歌うことを訓練していくと、楽器にも反映します。だから楽譜を読みながら、声に出して歌う事は、ただ単に楽器を吹いているだけよりも、よっぽどいい練習だと思うのです。

それで、楽器持った時に、脳の使い方が歌う時と変わってしまわないようにする。

この脳の使い方を訓練しているわけです。


音質やアタック、ヴィブラートもとても良い方向に向かいます。

先日、細かいパッセージが上手く吹けない生徒に、テンポを落として歌わせ、良い声で良い音程で出来るまでやらせたあと、楽器吹いたら出来ちゃいました!本人もびっくりの様子。

昔カルテットのレッスンでも、コラールでぐちゃぐちゃな音程だった時に、

「みんな、自分の音感信じて、ソルフェージュして吹いてごらん!」

の一言で、音程はビシッとあったのです。マウスピースの抜き差しだけではなく、やっぱりソルフェージュして音程を自分で作らないと。

でもそうなんだよね。
やってない事は色々あるのだよ。
僕自身、「あ!これやってなかった!」というものを見つけると、とても興奮します。希望が見えるからです。


全ての理想をイメージする事で、それに近づいていきます。上手く近づけない時は、まだまだ明確ではないと思ってます。そのイメージを明確にする何かをやっていけば、もっと近づける!!


その何かはまだみつかってないんですよね。修業!!!

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

青森行って、鎌倉行って

ここ連日、動物たちのコンサートの応援に励んでおります。先日の大阪に引き続き、青森にいってきました。涼しい青森は心地よく・・・のはずが、夏風邪の延長で、体調は優れず、青森に来てまで病院へ。薬を飲んで少しは良くなったものの、せっかくの旅で夜9:30に寝るという整え。
そう、本番が何より大切ですから。

本番を終え、すぐの新幹線に乗り帰京。メンバーの皆さんが美味しそうにビールでそれぞれ打ち上がっている時には、コーヒーで参加。

いや、なかなか良いものでした。
できるもんだ。


そして、今日は鎌倉芸術館にて。
今日も万全を期しました。

「本番後のビールは美味しいなぁ」
は紛れもない真実ですが、本番後のCCレモンもまさかの美味さ。

できるもんだ。


おかげで体調は改善の方向に向かっています。

明日からまたリハ始まります。良いコンディションで、ベストな音楽を作れるように、研究は続きます。


早く本番後のビールが美味しい状態になりますように。

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

はるばる

今日は普段小諸でレッスンをしている生徒が、はるばる埼玉の自宅にレッスンを受けに来てくれました。

普段は小諸の実家でレッスンだから、彼らにもとても良い気分転換だったかと思います。しかしうちのレッスン室は全く響かないストイック部屋なので、とても現実を知れる環境でもあります笑

僕も高校生の頃は毎週東京に通ってたので、懐かしく思いました。当時はまだ長野新幹線がない、「特急あさま」の時代。懐かしい峠の釜飯を列車連結でちょっと長い停車をする横川で買い、それはそれは一日がかりのレッスンでした。

毎週日曜日、朝8:00の小諸発、12:00に先生の最寄り駅に着いて、昼ご飯。当時感動的な美味さを経験したモスバーガー。毎回。
そして13:00からレッスンは始まりました。
長い時は2〜3時間あったレッスンを毎週ですから、それはそれは鍛えて頂きました。
帰りは銀座のヤマハに寄って、CDやら楽譜やら、長野にはなかった代物を物色しました。目は完全にキラキラだったと思います。でもお金はないもんだから、毎週は買えない。とにかく見て、欲しい物を見つけては、
「いつか買うぞ!」
と意気込み東京を後にするわけです。

東京にレッスンに通うという事は、当時は副産物が沢山あったわけです。

僕の歳から見ても、だいぶ時代は変わりました。便利な世の中になりました。
今は身近にクラシックサックスの先生がいる時代になりましたからね。
サックス科の音大生も沢山増えたし、世の中のサックス人口も相当いるし。

でも情熱や、音楽的センスというのは、昔も今も変わらないものなのだなぁとつくづく感じます。


生徒は目まぐるしく入れ替わりますが、僕自身いつまでも変わらない姿勢で、自分らしく表現を磨いていきたいなぁと、改めて思います。

地方から上京した生徒をみて、ふと考えた一日でした。


さぁ、明日から青森ー!!

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

大阪でした。

大阪のすばるホールにてサキソフォックスのコンサートでした。
関西の路線は馴染みがなくて、スタッフ一同右往左往しながらの移動でした笑

最寄りの路線が単線だったのもあり、反対方面の電車に乗ってしまい、

「反対だー!」

の一声に降車する事に気が回ってしまい、網棚においてあった荷物を放置したまま降車。。。。


「あ!!!!」

と思った時は電車はもう見えず。

ここからはチームプレイ。駅員さんを呼びにー!無人駅には駅員さんいない。
電話!!


降車した駅が終点の一つ手前だと判明、そのまま折り返ししてくると。

あー良かった。

メンバースタッフの皆さん、ありがとうございました!


大阪の思い出、また一つ増えました。

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

本気を維持する

本気を維持するにはどうしたら良いのでしょうか。
そもそも本気を維持出来ないのなら、それほど本気になれない事なのかもしれません。

「一生懸命」を演出する事は別にいらないし、そんなのはあっさりと見抜かれる。

誰かに褒められる為にやれば、自分を見失う危険性がある。
それでいいなら良いのですが。


自分がやりたい事でなければ、無理してやるべきではないと思います。

やりたいけど、うまくいかなくて辛いという理由でやめるのは、普通の人。
だって一流目指せば壁にぶち当たらないわけないですから。

どうやって乗り越えるか、どうやって立ち向かうか。


上手下手ではないと思う。
意思があるかないか。それが上手下手
のジャッジでもあるのだけれども。


今日は本当に悲しい音楽を聴きました。意思のない全くその場しのぎの音楽を聴きました。


僕はもう悲し過ぎて、なにも言う気になれなかった。だからそこで帰りました。


根本的に求めている物が違い過ぎると感じました。与えられた一曲一曲に生命力を宿す事が演奏家のやること。それは学生でもそう。
音楽をもっと大切にしてほしいと思います。


本気でやる!その本気は簡単には折れないものなんだけど。
本当の本気はマジすげーんだから。
今は本番の時にしか出ないけど、学生の頃は毎日いつでも本気でした。


特にレッスンは毎回死ぬ気で挑んで撃沈した。本気でやって、惨敗の利益は、勝利より勝る敗北です。

この経験。積み重ねるには精神的に半端なくしんどいけれど、やっただけ強くなる。僕自身はその繰り返しでした。


まだまだ僕自身も生きている限り、経験は続くけれど、変わらず本気で挑んで行きたいと思います。

本気の維持は本当に大変なこと。
本気で取り組めるものに出会えたことは、奇跡だと思います。

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

QB小海公演終了!

避暑地の小海にて、熱いリサイタルが終了しました。
沢山のお客様の中には、生徒や小諸高校の卒業生(しかもトランペット!!)、そして小学校時代の同級生までもが来てくれて、本当に嬉しかったです。
今回の本番もより集中力をキープすることに専念しました。
不思議なもので、そう簡単には自分の感じる良い音楽は生まれません。邪念をいかになくせるか。

楽譜を読みながら、先を読みながら、しっかり頭の中で大げさに歌いながら、周りの音をめちゃめちゃ聴くという作業、しかも大勢の人に見られている中でそれをやる肝っ玉が必要。
その過ぎ去って行く時間の中で、いかに感じながら表現するか。それを伝えるか。

今日も一つ勉強になり、また次の本番も同じように取り組みたいと思います。
ご来場の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。


| | コメント (0)

【ご案内】8/11(日)QB小海公演

クワチュールベーが一昨年に引き続き、小海町のヤルヴィホールでリサイタルを行います。
自然豊かな素敵なホールで、クワチュール・ベーのステージをお楽しみください。


サクソフォーン四重奏団
クワチュール・ベーリサイタル

⚫ヘンデル:シバの女王の入城
⚫バッハ:イタリア協奏曲
⚫ドビュッシー:ベルガマスク組曲
⚫レハール:メリーウィドウ・ハイライト
⚫何が出るかはお楽しみ!?クワチュールベーが贈る音楽のおもちゃ箱「べーかるぼっくす」
⚫ピエルネ:民謡風ロンドの主題による序奏と変奏


2013年8月11日(日)
午後2時開演(午後1時30分開場)
小海町音楽堂(ヤルヴィホール)

入場料1500円
前売り券1000円
友の会会員・小中学生無料

主催 小海町教育委員会/知恵の泉実行委員会
チケット販売・お問い合わせ 小海町総合センター0267-92-4391

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

群馬県大会審査

Image

6・7日と前橋市で吹奏楽コンクールの群馬県大会の審査のお仕事でした。二日間に渡り、中学生と小学生の演奏を聴かせて頂きました。さすが県大会でみんな素晴らしい演奏で、レベルが高かったです。今回審査をご一緒頂いた、作曲家の八木澤さんと夕食を。八木澤さんのご友人の島田さんと彼の教え子さんの甘利さんともご一緒させて頂きました。色々な所でこうやって繋がることは素晴らしいことですね。感謝です。


こちらの仕事を終え、そのまま上田市の菅平高原へ。豊科高校の合宿。疲労困憊でしたが、生徒の皆さんの熱い音楽にこちらもパワー頂き、しっかり聴かせて頂きました。


各学校、熱い夏になりますよう、祈っています。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »