« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

夢の共演

あっという間に今年も1ヶ月が終わりますね。早いなぁ。
今度の日曜日2/2に、仙台で開かれる東北サクソフォーンフェスティバルにゲストで呼んで頂けて、そのリハを一昨日やりました。
ソプラノ田中靖人さん、アルト伊藤あさぎさん、テナー松井宏幸さん、バリトンが僕。
なんとまぁ素晴らしい方々で、クワチュールベー以外カルテットは久しぶりで、とても楽しかったです。
ソプラノの田中靖人さんは、僕が高校生の頃からの憧れのサクソフォーン奏者だったので、光栄すぎるというか、まさか共演出来る日が来るなんて、夢にも思っていませんでした。
一回のリハ、そしてゲネプロ、本番なので、実質2日しか皆さんとはご一緒出来ないので、もう耳をフルダンボにしています。勉強になります。
リハではなんと須川先生もたまたまリハ会場にいらっしゃり、ちょっと聴いて頂けてしまいました。
僕が高校生にサックスを始めた時のスーパースター(もちろん今もチョースーパースターです!)の方々とお話をするだけでも胸いっぱいですね。今だに僕はトルヴェールの先生方に会うと、高校生の自分に戻ります。
ホント楽しみで、このスペシャルなカルテットをたっぷり味わいたいと思います。

東北の皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

詳細はこちら

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

嬉しい襲撃

嬉しい襲撃


リサイタルも終わり、翌日は小諸へ。大変な疲労でしたが、レッスン中に生徒たちがドドドーっと入ってきて、パンパンパン!!とクラッカーが鳴り、誕生日を祝ってくれました!

もうね、本当に嬉しかったです。

高校生なのに、こんなにプレゼントくれて。毎年嬉しい襲撃をくらいますが、僕自身毎年忘れてて、不意打ちされるので、本当に驚き嬉しさも倍増なんです。ありがとう!

リサイタルの打ち上げでも、大学生になった元弟子たちから、これまた嬉しいマフラーのプレゼントを頂き、なんて優しい生徒たちなんだと、感動しました。

みんなと両想いということで、ありがたいことです。
これからもしっかりレッスンするからね!ありがとう!

| | コメント (0)

リサイタル終了!

1/19に行われたソロリサイタル、無事終了いたしました。
ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様、ドルチェ楽器のスタッフの皆様、そして共演ピアニストのせっちゃん、本当にありがとうございました。
今回はシューベルト、ハイデン、マルタン、グリエールの4作品をドカンとやりましたが、こういった専門のプログラムでしっかりと一晩のコンサートをやることはとても体力の必要な事だと実感しています。と共に、以前より段々リラックスしてきた実感もあり、ようやく身体の力が抜け始めてきたのかなーなんて思います。



2010年のリサイタルぶりに師匠にもご来場頂き、久々にしっかりと聴いて頂けました。そして初めて「ブラボー!」の一言を頂けました。18年間で初めてです。厳しい師匠が故にこの言葉は感動的でした。

翌日から立て続けに仕事だったため、今ようやくDVDをみながら反省会しています。
今回バリトンで演奏したグリエールの作品が好評だったのが嬉しかった!初の試みだったので不安がありましたが、自分が「これは良い!バリトンで新しいレパートリーになる!」と思っていたものに好評を頂けたので、また一歩前進したかと思います。
もうちょっと考えてみようかと思い始めました。バリトンレパートリー。


ひとつひとつ精一杯の活動をしていくごとに、考える事が沢山出てきて、自分の愚かさ、未熟さを実感しますが、これからも少しずつ頑張っていこうと思います。これしかないです。

デビューリサイタルから10年目の一発目は収穫が沢山ありました。今年は長野県佐久市の佐久勤労者福祉センターでも8/30にリサイタルを行います。ここでは10年間の集大成を形に出来ればと思います。

また多くの方々に聴いて頂ければ幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

【ご案内】1/19(日)小山弦太郎サクソフォーンコンサート@ドルチェ楽器



今年度もソロコンサートをドルチェ楽器さんに主催していただきました。毎年ソロも続けていけて幸せです。何気に2014年は、2004年のデビューリサイタルから10年経つ、僕にとって記念の年でもあります。
継続は力なり。を信じて新たにまた10年目指していきたいと思います。

今回はサロンコンサートという名目ではありますが、中身はがっつりプログラムで、今年もしっかりと挑戦いたします。今回のピアニストは大堀晴津子さん。せっちゃんには門下コンサートでいつもお世話になっており、和声感のある色彩豊かな音色を奏でる素敵なピアニストで、一晩のコンサートでは初めての共演で本当に楽しみです。
またバリトンサックスでのソロも初めて取り組みます。グリエールのコントラバスのための作品。ロマンティックな作品で、バリトンにピッタリなのです。

シューベルト、ハイデン、マルタン、グリエールの4作品をどうぞお楽しみ頂ければと思います。
よろしくお願い申し上げます。


小山弦太郎サクソフォーンサロンコンサート

ピアノ:大堀晴津子

プログラム
⚫️シューベルト:「しぼめる花」の主題による序奏と変奏
⚫️ハイデン:ソナタ
⚫️マルタン:バラード
⚫️グリエール:4つの小品

会場:アーティストサロン"Dolce"
※ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京内

開演16:00(15:30開場)
一般3000円 DMC会員2500円

主催、チケット取扱い、お問い合わせ
ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京
03-5909-1771


| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

誕生日

1月17日、誕生日です。
今年も沢山の方々にお祝いの言葉を頂き、本当に幸せな気持ちになりました。ありがとうございます。

僕の誕生日は特別な日であります。
日本中にとっても。19年前に阪神大震災が起きた年でもあります。
僕にとっては、7年前に父が死んだ日でもあります。
あの日から僕自身、生と死を考え、生きることのエネルギーと、人間は必ず死ぬものだということを考えました。
それは当たり前な事だけど、頭で分かってるのと、実体験は別であることも知った時です。

その後母も重病になり、しかし今度は生きていることの希望も知った。生きているだけで、無条件で良いのです。



死んだらおしめーだ。



父が死んだ時に、父の父である祖父が言った言葉。父か死んだ時に祖父はまだ生きている現状。

自分の子の死を目の当たりにした祖父はどんな気持ちだっただろう。間も無く祖父も亡くなった。その後母方の祖父母も亡くなり、本当に家族がいなくなった。



今年僕は34歳になりましたが、この歳でなんでこんな状態にならなきゃならないんだ。。なんて思った事も正直ありますが、母が生きている現状は本当に救いです。
そして新しく家族が出来、これから未来を感じれる事も、本当に救いです。


生きていれば色々ある。
それをどう受け入れて、どう楽しんで行くかが課題です。

受け入れ難い事もあるけれど、それでも楽しいことは沢山あるので、楽しんでいきたいと思います。

ここ数年は、毎年誕生日がくる度に、グッと腹の底でこらえる感覚があります。
それでも祝って下さる皆さんのお言葉で、本当に救われ、幸せな気分になります。感謝致します。

今年も少しずつですが、自分のやりたいことをしっかりと形に出来るように頑張ります。
毎年目標は同じですが、この意思を強く持って、続けて行きたいと思います。

皆様ありがとうございます!

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

2014年明けました

明けましておめでとうございます。
2014年が明けました。今年も多くの経験を積めるよう、周りの方々に感謝しながら活動してまいります。
毎年、毎日思うことですが、レベルアップしたい!上手くなりたい!という思いは変わりませんね。「上手さ」の基準は歳を取るごとに変わって行きますが、それが成長だと思い、変わっていく事を楽しんでいます。

兎にも角にも、演奏を続けて、その一つ一つを真剣に取り組みたいと思います。一歩一歩進んでいくためにはこの繰り返しです。今年はデビューリサイタルから10年の節目でもあります。10年間毎年どんな形でもソロリサイタルを続けてきたことの、一つの成果を発表して、また新たな10年を目指してのスタートを踏みたいと思います。

「我が道を恐れず進め」という言葉を恐れずに全うする勇気を持って、少しずつ「我が道」をつくって行こうと思います。

今年も多方面の方々にお世話になる年になることと思います。皆様と楽しい、充実した時間が送れますように。
そして沢山の方々に聴いて頂き、皆様と良い時間を沢山過ごせますように。

本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (1)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »