2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサート情報

  • サキソフォックス
    詳しくはhttp://www.superkids.co.jp/ehon/index.htmlにアクセス!
  • Quatuor B
    ◆2017年 12/1登米市 12/9和気町 12/19上田市武石公民館 12/25東京文化会館 1/13上富田 1/20上田市サントミューゼ  詳細は記事にて随時お知らせ予定です。 ※随時更新いたします。

CDのご紹介

  • サキソフォックスのおまちかね
    これまでに参加したCDです。アマゾン等でも購入できます。よろしくお願いいたします。

レッスン、公演等、お問い合わせ

  • レッスンのお申し込み,演奏依頼等のご相談は以下のアドレスにお問い合わせ下さい。 gentarokoyama.80.saxo@gmail.com レッスンの場合は以下の項目を添えてお申し込み下さい。 ・お名前: ・ご住所: ・電話: ・携帯電話: ・メールアドレス: ・所属(学生なら学校名、学年をお書きください): ・経験年数:

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

葛藤と不安とギャップ

本気で生きていれば、葛藤や不安、周りとのギャップなど、必ず訪れる感覚ではあるけれど、これを楽しめるようになれば、昔誰かが
『オラ、強ぇーヤツみるとワックワクすっぞ!』
と言っていたようなポジティブな生き方が出来るし、個人的に僕はその人が好きだ。

さて、楽器の音質の研究は楽器を始めた頃からずっと続けていますが、出会う人、出会う音源、流行、時代で、少しずつ脳が勝手に変化して、作ろうとしている音質も時代と共に変化している。

しかし我が師匠の頑固とも言える音質のイメージは、もう何十年もブレはなく、弟子としては助かる訳ですが、師であるデファイエ先生の強烈な印象が、それ以外のサクソフォン奏者にはなかったのだろう!なんと、羨ましいこと!!

この数年、枠から外れて研究を師匠と続けてきたが、これもなんとも幸せな事です。デファイエ先生の音を間近で聴いてきた師匠の意見を聴きながら、伝授頂き、しかしそれはもう、昔と変わらず『違う!』とか『近い!』とか『かなりそれらしい!』とかそういう職人的なディスカッション。
僕自身は理論的に倍音の要素について勉強したり、マウスピースとリードの組み合わせを何十通りも試し、投資してきました。

これはめちゃくちゃ面白い実験だった!

『当たり前』というのは先人が残してくれた、実験の賜物だ!
その『当たり前』から外れる事は勇気がいる事だし、そもそもその発想がない。

でもその先にはきっと違う世界があるだろう!というその世界が少なくとも昨年より、うっすらと見えてきた!!!

結局最終的にやる事は、音楽的な事、歌い方などが重要になってくるのだけど、元々の素材が良いと、その世界は魔法がかかったようにファンタジックな世界になる!それはきっと昔も今も変わらないと思う!それだけ音質というのは重要なものなのだ!


これだけ素晴らしいと自分で思っていても、その『当たり前』ではない世界に行こうとするのにはブレーキがかかる。それはなぜだろう。

他人がやっていたら『いいじゃん!やれば!』というと思う。

これは『人にどう思われるのだろうか』という恐怖感があるのだと思う。

他人に相談されたら『そんなの関係ないよ!やりなよ!』というと思う。


人はホントに不思議だ。

ずっと研究してきたものだけど、昨年から急速に進みだし、毎日楽器を吹くのが楽しかった!サクソフォンの音ってやっぱり魅力的と思える。

まだまだ辿りつかなくとも、分かった事が第一歩で、恐れずに続けて、まずは一度演奏会をしたいと思う。それをやらねば始まらない。

仮説→実験→検証だ!

仮説→妄想→仮説→妄想と繰り返す人間が多い世の中、行動力と決断力でやっていく勇気をもって、葛藤や不安や周りとのギャップに打ち勝っていきたい。


きっと他人に言われたら『大丈夫!出来てるし、みんな応援するよ!』というだろう。

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

本年もよろしくお願いいたします!

10年続いているブログ、だんだん更新率が低くなってきてしまいました。奮起して頑張ろう!
年が明けてもう2週間以上あいてしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします!


昨日1/17は37歳の誕生日で、小諸高校でのレッスンでした。しかし大雪警報が出るほどの雪が。




この日は1年生の実技試験でしたが、それぞれの成長を感じることができました。前進出来ていれば良しとしますが、高校生の前進スピードは凄まじいはずなので、今日の1年生はようやくスタートし始めたところでしょう。これから知識が増え、経験を通じて達成感や挫折を繰り返すでしょう。繰り返していければ大したものです。期待して応援していくのが大人の務めでしょうか。向き合っていきたいと思います。

放課後、嬉しい襲撃が今年も来てくれて、生徒たちの愛情を感じました。みんなサイコーだぜー!





夕方までレッスンをして夜帰宅すると、家族がもてなしてくれました。息子の独学ピアノはなかなか感動でした。





フェイスブックやメールでも沢山のお祝いメッセージを頂き、幸せな1日でした!皆様のお気持ちに感謝申し上げます。

僕の誕生日は父の命日でもあり、あの日から10年が経ちました。
いつの間にか10年が経ち、受け入れ始め、環境も変わり、立場も変わりながらも、ずっと楽器を続け、「上手くなりたい!」という気持ちは変わらないところが自分でも誉めてあげたいので、今年も高校生とは違う「大人の少しずつ前進」を目標に地道にやっていきます。これが果てしない道に続くと信じて。


今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました!

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »