2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサート情報

  • サキソフォックス
    詳しくはhttp://www.superkids.co.jp/ehon/index.htmlにアクセス!
  • Quatuor B
    ◆2017年 12/1登米市 12/9和気町 12/19上田市武石公民館 12/25東京文化会館 1/13上富田 1/20上田市サントミューゼ  詳細は記事にて随時お知らせ予定です。 ※随時更新いたします。

CDのご紹介

  • サキソフォックスのおまちかね
    これまでに参加したCDです。アマゾン等でも購入できます。よろしくお願いいたします。

レッスン、公演等、お問い合わせ

  • レッスンのお申し込み,演奏依頼等のご相談は以下のアドレスにお問い合わせ下さい。 gentarokoyama.80.saxo@gmail.com レッスンの場合は以下の項目を添えてお申し込み下さい。 ・お名前: ・ご住所: ・電話: ・携帯電話: ・メールアドレス: ・所属(学生なら学校名、学年をお書きください): ・経験年数:

« 【ご案内】サクシデアふたたび!@アーティストサロンドルチェ東京 | トップページ | 宮城県登米市でした。 »

2017年11月29日 (水)

サクシデア終演!



三年に及ぶ仕込みを経て、師匠主宰のサクソフォーン四重奏団「サクシデア』の公演が終了しました。再び先生がカルテットを発進させるにあたって、どうしてもこだわりとしてそのサウンド感を達成させるためにかなりの時間がかかりました。


最初はセッティング選びの思考を真っさらに固定観念を捨てることろからスタートしました。


個人的にはそういうなんだか革新的なことにはノリノリなので、型を破る作業はとても楽しかったし、色々なことから解放されるとともに、新しい世界を知ることもでき、倍音の宇宙を感じました。師匠はその発想の責任と重圧は半端なかったと思う。弟子はノーテンキにそれに甘えてひたすら研究に集中出来たのでした。




僕は個人的にジャズ用のマウスピースのスタンダードを調べて、まずはオットリンクラバーから始めて、メタル、そしてベルグラーセンメタルに進み、最終的にはヤナギサワに行き着いたという、クラシック人にはあまりピンとこないラインナップ。この研究を進めていくにつれて、音色の明るさ暗さという概念をそれまでは非常に狭い範囲で行なっていたと思いました。


黒とダークグレーの間のような。クラシックの音色でももっと色彩感の幅は出せるものなのだなぁと感動しました。しかしそのコントロールは難しいので大声でオススメできるものではありませんが。良い子は真似をしないようにということです。



デファイエカルテットの音源を頂いたり、それを聴きながら師匠から解説をもらって、僕ら世代には知り得ないサウンド感を言葉で伝えていただき、それを音にしていく作業は大変とはいえ、まだまだ達成できないとはいえ、ものすごく面白かったです。



時代を経て洗練されてきたサクソフォーン四重奏ですが、削ぎ落とされたものも多くある気がします。。。。





なんて考えてましたが、それは少し違くて、ミュールやデファイエがやっぱりずば抜けてすごかったんだということ。現役時代のデファイエ先生に習っていた、その時代を知っている武藤師匠曰く、その時代も今もデファイエ先生以外はやっぱり現代と同じ音だったよと。



写実的な絵を書くというより、コテコテの油絵を描いているようなザラついた味のある世界を感じることができました。



世の中には素晴らしいものがきっとたくさんあるに違いない。自分がそれにどれだけ気付けて感動できるか。



基礎中の基礎をトレーニングしながらも、その幅の広い思考を持って生きていきたいなぁ。





育った環境で人の人生は決まっていくのだろう。自分にとってかっこいい生き方になるよう、センスを磨き続けていきたいと思う。




あと何回コンサートをやるだろうか。先生のパワーが続く限り、その世界を勉強させていただこうと思います。





« 【ご案内】サクシデアふたたび!@アーティストサロンドルチェ東京 | トップページ | 宮城県登米市でした。 »

コメント

お疲れ様でした。
マウスピースやリガチャは
同じメーカーであっても種類が違うと
カラーが変わって 音色も柔らかさ
固さ、明るさ、色々と違いがでますよね。
なのでマウスピースを変えるときには毎回悩みます
考えて変更はするのですが、本当にこれがベストか
さらに悩んだりします。
でも、勉強になりますしそれが楽しいです。
サックスはやればやるほど無限に追求がありますね♪
やっぱりサックスが大好きです(≧▽≦)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ご案内】サクシデアふたたび!@アーティストサロンドルチェ東京 | トップページ | 宮城県登米市でした。 »